ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです

【将棋Flash】LV9のゴキゲン中飛車でも序盤から優勢になれる穴があった、でも先に攻め込まれて油断ならないので注意しよう

将棋Flashで遊んでいてたま~にゴキゲン中飛車をやられる事があるんですが、ここでも序盤から悪手を指す穴がありました。


今回はそれを紹介しようと思います。


将棋Flashが先手です。


初手から、▲7六歩 △3四歩 ▲5六歩 △8四歩 ▲5五歩 △8五歩 ▲5八飛 △6二銀 ▲4八玉 △4二玉(下図)



と進みます。ゴキゲン中飛車 vs 居飛車ならよくある局面ですよね。


普通ならここで▲7七角 と飛車先の交換を受けるくらいかと思います。それで居飛車が超速にいくのか、囲い合う穴熊にいくのか、選択肢がある感じですよね。


まだまだ何てことない序盤かと思います。


でもここで将棋Flashは高確率で指さない方が良い手を指してきます。それがこちら。



いきなり開戦の△5四歩 です。


まだ先手陣にもスキがあるし、ちょっとタイミングが早いかなぁ・・・って気がします。


ここから後手が普通に指すだけで優勢になれますから。ちょっと先をご覧下さい。


上図以下、△5四同歩 ▲同飛 △8八角成 ▲同銀 △4五角(下図)



飛車取りと6七、2七への角成りの3つの狙いが受かりません。序盤早々やっちまったなぁ・・・って感じですね。


上図以下、▲5七飛 △2七角成(下図)



と序盤から後手だけ馬を作って後手優勢です。


普通なら「これで後手優勢なので▲5四歩 の仕掛けは無理ですよ」で終わると思います。


が、続きを指してみるとここから後手を持って勝ちきるのは意外と大変だったりします。優勢と言っても陣形は不安定ですし、まとめるのは容易ではありません。


ちょっと変な手を指すとあっという間に逆転してしまいますからね。


なのでここからの勝ち方をBonanzaで検討して見せて貰いました。

優勢になってからの勝ち方をBonanzaから学ぼう


このブログではもうおなじみになった 将棋Flash vs Bonanza での検討です。


この局面は評価値で見ると600点くらい後手優勢です。けっこう差がついてるんですね。


でもなんで勝ちきるのが難しいのかというと先に攻め込まれるからです。


Bonanza先生を持ってしても最初は守勢に回ります。ここで正確に受けられないとあっという間に崩壊して負けてしまうので要注意ですよ。


では、続きをご覧下さい。


上図以下、▲5九飛 △2二銀 ▲5四歩(下図)



この▲5四歩 の拠点がちょっと邪魔臭いんです。玉を直接狙われる後手陣の急所ですからね。なのでまずは受けに回るしかありません。


上図以下、△5二金右 ▲3八銀 △2八馬 ▲7五角(下図)



玉を睨む王手の角です。意外とやっかいな手ですよね。この受け方を間違えると大変です。


上図以下、△5三歩 ▲同歩成 △同金 ▲6六角 △3二玉(下図)



とりあえず、角筋はガッチリ受けて難を逃れました。玉も中に入れて一段落かと思いきや、ここから将棋Flashの攻めが続きます。


ちょっと驚いたのは、Bonanzaの読み筋と同じだった所ですね。ここからの数手はBonanzaと同レベルの指し手でした。


上図以下、▲5四歩 △5二金引 ▲7七桂 △1九馬 ▲6五桂(下図)



急所の5三の地点を集中してきます。これは怖いですね。受け方を間違えたら一瞬で崩壊してしまいますから。


Bonanza次の一手は後の攻めを睨みつつガッチリ受ける見事な一手でした。


上図以下、△5一香(下図)



さりげなく香車を取ったのはこのためだったんですね。


この香車が後々働いてきます、こういう先まで見据えた一手を指せるようになるといいですよね。


上図以下、▲7五角 △4二金上 ▲5三歩成 △同金直 ▲同桂成 △同銀 ▲6六角(下図)



先手の攻めに対して、後手もガッチリ受けたので何とかやられずに一段落しました。ここからようやく反撃が始まります。


上図以下、△5四銀 ▲7八金 △5二香(下図)



香車をバックに銀を繰り出し、次の△5二香 が意外な一手でした。


候補手に出た時に「ん?」ってなりましたよ。「どういう狙い?」って。でも指されてみるとうまい手だと思いました。


次に△6五銀 と出る手を狙ってるんですね。飛車、角、両取りで厳しいです。しかもそれを受けずらいっていうおまけ付。


香車が1つ上がるだけで相手が困るなんて・・・Bonanzaは流石ですね。


上図以下、▲8九飛 △5六歩 ▲5九玉 △6五銀(下図)



先ほどどは反対に先手玉の近くに拠点を作り銀を進出、攻めに迫力が出てきましたね。Bonanza先生の反撃は厳しいです。


上図以下、▲7五角 △5七歩成 ▲6九玉 △5三香(下図)



△5三香 が地味に良い手ですよね。先手としては角を切るなら金を取りたい所なんですが「それはさせないよ」という手です。辛いです。


上図以下、▲7七銀 △7四歩 ▲5三角成 △同金 ▲5五香(下図)



後手の狙い通り角と香車の交換になって先手としてはもう手がありません。▲5五香 もヤケクソの一手ですね。冷静に受けられてダメでした。


上図以下、△5四歩 ▲7九玉 △5五歩 ▲8八玉(下図)



香車を犠牲に矢倉へ玉を逃がすのが将棋Flashの構想だったみたいです。でもここからあっさり寄せられてしまいます。


上図以下、△1八馬 ▲6六歩 △4五馬(下図)



今まで隠れてた馬を攻めに参加させ、寄せを狙います。先手はここで▲7九金打 としてればまだ粘れたんですが、次の一手で負けが確定しました。


上図以下、▲6五歩 △7八馬 ▲同玉 △6七角(下図)



受けなかったのでバッサリ馬を切って△6七角、これで寄りですね。


上図以下、▲8八玉 △7八金 ▲9八玉 △7七金 ▲8八銀(下図)



▲8八銀 と受けてきましたが、これは受けになってませんでした。ここから7手詰めです。


上図以下、△8九角成 ▲同玉 △7八銀 ▲9八玉 △8七銀成 ▲同銀 △8八飛(下図)



まで、後手の勝ちとなりました。


序盤から馬を作って優勢となりましたが、先手からの攻めを受け切るという一山ある局面なので油断なりませんでしたね。


Bonanzaの△5一香 はとても参考になる一手でした。受けながら攻めも睨むってカッコイイですね。


こういう先を読んだ受けが指せるようになるともっと将棋も面白くなりそうです。


最後に

将棋Flashゴキゲン中飛車をやると今回のように▲5四歩 といきなり歩を突いてくる事が多いです。


序盤から優勢になれる変化なんですが、一回先に攻め込まれるので油断しないようにしましょう。


将棋Flashゴキゲン中飛車居飛車で行くと、多分、今回と似た局面になると思うので、Bonanzaの指し方を参考にして勝ち切ってみてください。


優勢でもまずは受ける、この我慢が大切ですね。