ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【きのあ将棋】後手番で郷谷さん(上級)を攻略するヒント 「△4三銀早決め三間飛車」で持久戦に誘導してからの一例【左美濃 vs 三間飛車】

以前、後手番の「郷谷さん(上級)」の居飛車に対し、三間飛車で△4三銀を早めに決めると持久戦になりやすい」という所まで書きました。

今回はその続編です。

ちょっとずつオススメの手順みたいなのが見えてきたのでそれを紹介します。

まずは三間飛車で△4三銀を早めに決めよう

先手が「郷谷さん(上級)」、後手が「私」です。

初手から、▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△3二飛▲6八玉△4二銀▲7八玉(下図)

f:id:yasu200:20210814164754p:plain

郷谷さんが居飛車にした場合、平凡に三間飛車に振るとだいたいこの局面になります。

たまに▲5六歩と突いてちょっと違うパターンになることもありますが、それはまた別の話として今回は忘れてください。

7~8割はこうなるのでまずはこちらのパターンから攻略します。

まず、攻略の第一歩となるのがここで指す次の一手です。

それがこちら。

上図以下、△4三銀(下図)

f:id:yasu200:20210814164821p:plain

この手に対し、郷谷さんは8割くらいの確率で▲7七角(下図)と持久戦を宣言します。

f:id:yasu200:20210814164833p:plain

たまに▲4六歩と指すこともありますが、それは本当に稀なのでその時は自力で頑張ってください。

この記事では一番確率が高い持久戦になった郷谷さんの攻略をしていきます。

相手の意向を聞く△9四歩がオススメ

持久戦を宣言する▲7七角を指したら、郷谷さんの意向を聞く一手で様子を見ます。

それがこちら。

f:id:yasu200:20210814164858p:plain

△9四歩です。

藤井システムでも定番の

穴熊ですか?それ以外ですか?」

と聞く一手ですね。

ここで▲9六歩と受けてきたら左美濃になる確率が高くなり、さらに絞りやすくなります。

ただ、この手への対応はバラバラでそこまで絞れません。

とりあえず「どの囲いを目指しているか」をどことなく聞く程度になりますね。

端を受けなければ穴熊の可能性が高く、受ければ左美濃になりやすい感じです。

まだ確定ではありませんが、今の所はこの一手をオススメします。

無難なオススメ手順を紹介します

今回の対局は△9四歩に▲5六歩(下図)と指され、端を受けないパターンでした。

f:id:yasu200:20210814164944p:plain

こうなった場合、相手がどうするか分かるまで藤井システムの形で様子を見ます。

上図以下、△7二銀▲8八玉△6四歩(下図)

f:id:yasu200:20210814164958p:plain

この △7二銀~△6四歩 も普通の手順ですが今の所オススメの手です。

可もなく不可もなく様子を見れるので特に弊害はありませんから。相手の形が分かるまで無理はしません。

上図以下、▲5八金右△7四歩▲7八銀△7三桂(下図)

f:id:yasu200:20210814165024p:plain

▲7八銀で今回は左美濃になりました。

△7三桂まではどんな形でも同じ手順でOKです。攻めの形を作っておく方が有効なのでこの形をオススメします。

ただ、最近気づいたんですが、この形にすると郷谷さんは次の一手を指してくる可能性が高いです。

それがこちら。

上図以下、▲8六角(下図)

f:id:yasu200:20210814165043p:plain

6四の歩を狙う角の覗きです。

ちょっと前まで△7三桂よりも△5二金左を優先していた時はそんなに見なかった手なので、これも1つのパターンなのかもしれません。

歩を受けるには△6三銀と△6二飛の2つがありますが、今回の手順の場合は次の手が限定になります。

上図以下、△6三銀(下図)

f:id:yasu200:20210814165106p:plain

この形の場合、6八に角を引く手があり、そうなったら△2二飛と受けなければいけないので△6三銀が無難です。

もし、ちょっと違う手順で▲5七銀~▲6六歩の形なら角を引く手はありませんし、6五の地点が争点になるので△6二飛は有効です。

その変化もいずれ書くかもしれません。

大切な△2二飛の受け

△6三銀を見た郷谷さんは、先ほど書いた注意点通り▲6八角(下図)と引いてきます。

f:id:yasu200:20210814165201p:plain

こうなったら無難に△2二飛(下図)と受けてください。

f:id:yasu200:20210814165212p:plain

この手を指さないと2筋を突破されて劣勢になりますから。

居玉だったり4三の銀が浮いている場合は特に大劣勢になるので忘れないようにしてください。

角筋を活かした攻めの形を作る

お互いにスキがないのでここからは駒組みになります。

上図以下、▲6六歩△5四銀左▲6七金△4五歩(下図)

f:id:yasu200:20210814165244p:plain

こちらの方針としては先手玉が角筋に入る位置にあるので、角を有効に使う攻めの形を作ります。

上図は次に△6五歩と突ければ玉を睨んだ「角」をバックに「歩」「銀」「桂」が働く形なので一種の理想形になっています。

藤井システムではこの形を目指すのが基本になるので、常に意識するようにしましょう。

ここからは一例として実戦譜をご覧ください

とりあえず基本的な部分の説明が終わったので、お時間のある方はここから私のヘボヘボ実戦譜をご覧ください。

私が指した悪手の所は局後にAperyで検討した最善手も書くので少しは参考になると思います。

上図以下、▲7七桂△9五歩▲3六歩△9三香(下図)

f:id:yasu200:20210814165339p:plain

先手は「角筋が通ったままでは戦えない」と▲7七桂と受けましたが、端が弱くなったのでそこを攻めることにしました。

しかし、局後の検討で上図の△9三香は疑問手だったことが分かりました・・・

さすがにやり過ぎだったみたいでここはもうちょっと大人しい手で良かったみたいです。

Aperyによるとここは△9三香ではなく、△6五歩(下図)と指すべきだったようです。

f:id:yasu200:20210814165404p:plain

上図以下、▲5七銀△6六歩▲同銀△6五歩▲5七銀(下図)

f:id:yasu200:20210814165415p:plain

6筋を無難に収め、角筋を通しておくのが筋の良い攻めでした。

上図以下、△8五桂▲8六歩△9七桂成▲同玉△9六歩▲8八玉(下図)

f:id:yasu200:20210814165426p:plain

と端に殺到するのがAperyの読み筋で、ここから優勢にまで持っていきます。

上図以下、△9七歩成▲同香△同香成▲同玉△9二飛(下図)

f:id:yasu200:20210814165440p:plain

と小駒で清算してから飛車を回るのがスピード感のある攻めでした。

以下、▲9五歩△6六香 と進み、6筋に香車を打ち込んで攻めが続く形なので後手よしだそうです。

こういう攻めができるようになったら将棋も楽しくなりそうですね。

筋悪だけど意思のある攻めで強行する

f:id:yasu200:20210814165339p:plain

上図は筋悪の△9三香と指した局面です。

正着の△6五歩を逃した私はここから攻められる展開になります。

上図以下、▲3五歩△9二飛▲3四歩△4四角▲2四歩(下図)

f:id:yasu200:20210814165523p:plain

Aperyの示した手順と同じ手で攻めてくる郷谷さん・・・こういう所はさすがですね。

こちらも端攻めの意思を通すために飛車を回りチャンスを狙います。

上図以下、△6五歩▲2三歩成△6六歩(下図)

f:id:yasu200:20210814165603p:plain

▲2三歩成が攻め急いだ悪手で逆転になりました。

△6六歩の取り込みは急所を直撃して厳しかったようです。

上図以下、▲2四角△6二玉▲6八金引△6五桂(下図)

f:id:yasu200:20210814165622p:plain

勢いよく見える△6五桂ですが、これが悪手でまた逆転になりました・・・

ここは桂馬を飛ばず、冷静に9筋を突き捨ててから△7五歩と桂頭を攻めるのが良かったみたいです。

指しすぎになってしまうのがまだまだ私の弱い所ですね。

お互いに悪手を指し、二転三転・・・

上図以下、▲2二歩(下図)

f:id:yasu200:20210814165640p:plain

しかし、ここで郷谷さんに▲2二歩という悪手が出てまた逆転になりました。

たまに郷谷さんはこういう重い手を指す事がありますね。

上図以下、△7七桂成▲同銀△8五桂▲3六桂△9六歩(下図)

f:id:yasu200:20210814165707p:plain

▲3六桂の角取りにかまわず端を突きます、ここがまた分岐点でした。

上図以下、▲4四桂△9七歩成▲7八玉△8七と▲同玉(下図)

f:id:yasu200:20210814165726p:plain

端にかまわず角を取った手が悪手でAperyの評価値は後手に1200点振れました。

ここから寄せの決め手があったんですが、私はそれを逃しまた混戦になります・・・

上図以下、△9九香成(下図)

f:id:yasu200:20210814165750p:plain

9九の香車を取ったこの手が悪手で互角にまで戻りました。

ここは香車を取らず△9七香成(下図)と王手を掛けるのが正着だったようです。

f:id:yasu200:20210814165810p:plain

上図以下、▲8六玉△7七桂成▲同玉△8七成香▲6六玉△9九飛成(下図)

f:id:yasu200:20210814165826p:plain

と一気の寄せがありましたから。

上図以下、▲6七歩△6五銀打▲5七玉△5六銀▲5八玉△6六歩(下図)

f:id:yasu200:20210814165842p:plain

と上から押しつぶすようにガリガリ攻めて勝勢でした。

また混戦に・・・

f:id:yasu200:20210814165859p:plain

上図は△9九香成の悪手に▲9六歩と受けられて攻めが止まってしまった所です。

ここからどうにか攻めを繋げようと頑張ります。

上図以下、△9一香▲9五角(下図)

f:id:yasu200:20210814165915p:plain

どうにか端を突破しようとした下段の香打ちに対し、▲9五角の王手で受けられました。

しかし、これが悪手でここで決め手があったみたいです。

ここでズバッと△9五飛(下図)と角を取っていれば勝ちだったようです。

f:id:yasu200:20210814165933p:plain

上図以下、▲9五同歩△9八成香▲同玉△6四角(下図)

f:id:yasu200:20210814165945p:plain

の飛車取りと寄せを睨んだ絶好の角打ちをAperyが示しましたから。

上図以下、▲8八玉△7七桂成▲同金△2八角成(下図)

f:id:yasu200:20210814171244p:plain

で先手勝ちだそうです。

これをスパっと決められたら気持ちいいのに・・・

凡人のグダグダの寄せをご覧ください

f:id:yasu200:20210814170057p:plain

上図は端の突破を受けた▲9五角の王手に決め手の△9五飛を逃して△8四歩と受けた所です。

ここからはグダグダの寄せをご覧ください。

上図以下、▲8四同角△7二玉▲6二歩(下図)

f:id:yasu200:20210814170116p:plain

ここでまた決め手があったのに逃しました。

▲6二歩は何でもない手なので、シンプルに△9六飛と飛び出せば寄っていたみたいです。

そもそも最初からこの手を狙っていて、角をどかしたんだから指さないのはおかしいですよね・・・

勝てそうで勝てない展開が続いたから警戒しすぎていたのかもしれません・・・

上図以下、△6二同金▲9五角△8四歩▲6六銀△6四銀▲2一歩成△6五歩▲5七銀引(下図)

f:id:yasu200:20210814170137p:plain

ガッチリ厚みを作って安全勝ちを狙う鈍足の寄せが始まります。

上図以下、△7五歩▲同歩△同銀▲8八玉△7六歩▲9九玉△7七歩成(下図)

f:id:yasu200:20210814170151p:plain

玉を下に追い詰めようやく勝ちが見えてきました。

上図以下、▲7四桂△6三金▲8二桂成△同玉▲8三歩△同玉▲7八香△9五飛(下図)

f:id:yasu200:20210814170202p:plain

で郷谷さんの投了となりました。

以下は、▲9五同歩(下図)に桂馬が活躍する詰みがあります。

f:id:yasu200:20210814170213p:plain

お時間がありましたら実戦詰将棋としてお楽しみください。

答えは数行下に書きます。










では答えです。

上図以下、△8八角(下図)

f:id:yasu200:20210814170223p:plain

から詰みます。

以下、▲8九玉△9七桂不成▲9八玉△8六桂(下図)

f:id:yasu200:20210814170232p:plain

までの詰みです。

ここまで読んでくださった方は忍耐力のある方ですね、お疲れさまでした。

最後に

後手番で「郷谷さん(上級)」に勝つためのパターンを少し紹介してみました。

現状、一番パターン化しやすそうなのが今回の手順です。

郷谷さんが居飛車の時には三間飛車にして「早めの△4三銀」で持久戦を誘ってみてください。

多分、▲7七角と上がりますから。

そうなると今回のように角筋に玉が入った形になりやすくなり、強い人なら気持ちよく攻めを決められると思います。

まだまだ研究段階なので、もう少し手順がまとまったら攻略記事として書こうと思います。

それまでは攻略にちょっと使えそうな実戦譜の記事をチマチマと書いていくつもりです。

なるべく検討したAperyの最善手を追加するので「弱い奴の棋譜なんて意味ない」と言わず、ちょっと見てもらえると嬉しいです。