ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです

【きのあ将棋】クッキーと遊びました、歩切れを突いた角の突進で優位に立とう【一手損角換わり】

きのあ将棋のクッキー攻略情報として1つのヒントみたいなのを紹介します。

歩のない将棋は負け将棋

という言葉がちょっと分かる角の強襲がポイントになる一局です。

もし似た形になったら使ってみてください。

歩切れの時に有効な角の突っ込み

先手が「私」、後手が「クッキー」です。

上図は、私が一手損角換わりで腰掛け銀模様に駒組みを進め、飛車先の歩交換にクッキーが銀冠っぽく厚みを築いた所です。

ここから後手の歩切れを突いた強襲の一手を狙います。

上図以下、▲4六角(下図)

一見すると飛車を牽制する角のような感じがありますが、狙いはそっちではありません。

上図以下、△6三銀 ▲2四角(下図)

6四の歩を受けた所で角を玉頭へ突っ込みます。これが地味に厄介な一手です。

上図以下、△2四同銀 ▲同飛 △3三角 ▲2九飛(下図)

歩があれば△2三歩 で受かるんですが、その歩がないので飛車を受けるのが難しくなっています。

しかたなく角を手放してどうにかしようとしますが、玉頭がスカスカで心もとない感じですね。

薄い玉頭を攻めて攻略する

上図以下、△6五桂 ▲2三銀(下図)

後手は△6五桂 と跳ねてきますが、▲6六銀 や▲8八銀 と相手にすると歩を入手される恐れがあるので無視して銀を打ち込みます。

上図以下、△4一玉 ▲3四銀成 △3一玉(下図)

攻め切れば勝ちなので手を戻さず玉頭を狙います。

上図以下、▲3三成銀 △7七桂成 ▲同桂 △3三金 ▲2二角(下図)

自玉はまだまだ安全なので駒損とかは気にせず後手玉を薄くして飛車を成り込むことだけを狙い、強引な角打ちから迫ります。

上図以下、△4二玉 ▲3三角成 △同桂 ▲2二飛成(下図)

ここまでくればもう大丈夫ですね。あとはゆっくり寄せるだけです。

上図以下、△3二銀 ▲3四桂 △5一玉 ▲1一竜(下図)

3二の銀を取らずちょっとそっぽにいく竜ですが、後手に歩がなく受けが難しいのを見越しての一手です。

最速ではないですが、勝ちやすさなら一番だと思います。

上図以下、△2一角 ▲2二歩 △3九角 ▲3八金(下図)

後手からの反撃も冷静に受けて受け切り勝ちも視野に入れます。

上図以下、△4五桂 ▲同桂 △5七角成 ▲同玉 △4四歩(下図)

反撃が一段落したのでゆっくり寄せに入ります。

上図以下、▲2一歩成 △4五歩 ▲2二と △6二玉(下図)

竜の利きを止めずに玉を逃げたのでここで簡単な詰みがあります。

実戦詰将棋として出題するので気持ちよく詰まして勝ち切ってください。

答えは数行下の次の見出しで書きます。









実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、▲7一角(下図)

のシンプルな王手から詰みます。

上図以下、△7三玉 ▲8二角成 △同玉 ▲8一飛(下図)

飛車を取って打てば詰みです。実戦はここでクッキーの投了となりました。

上図以下、△7三玉 ▲8四角 △7二玉 ▲7一竜(下図)

までの詰みになります。

いつもほどグダらずに決められてまあまあな一局でしたね。

最後に

クッキーの攻略記事というより、歩切れを突いた角切りの強襲の紹介でした。

クッキーは飛車先の歩交換をした時に△2三銀 として銀冠で受けてくることがあるんですが、その時にもし歩切れだったら今回のように角で突進する攻めをしてみてください。

さりげなく下図のように角を設置して、64の歩を狙ってる風にしながら・・・

「実はそっちじゃなくてこっちでした」と下図のように銀頭の歩をパクっと取ってしまいましょう。

やられてみると受けが難しい1つの手筋だと思いますよ。

たまに決まることがあるので、歩切れの時は角の突進が有効というのを頭の片隅にでも入れておいてください。