ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

【きのあ将棋】初心者向けに「空 だめ子」の攻略法を紹介! シンプルな居飛車で角頭を攻めて優勢を築こう

きのあ将棋の「空 だめ子」になかなか勝てない初心者に向けて、

「こんな感じに指せば勝ちやすいよ」

という、ちょっとしたコツを紹介します。

私なりに攻略した実戦譜を元に指し手の意味を説明しながら勝つためのコツを解説するので、漠然と指し手を覚えるよりは役立つと思います。

「空 だめ子」に勝ち越して脱・初心者をしたい方はぜひご覧ください。


シンプルに飛車先を突こう

先手が「私」、後手が「空 だめ子」です。

初手から、▲2六歩 △5二玉 ▲2五歩 △4二金(下図)

f:id:yasu200:20211129224308p:plain

だめ子の攻略には余計な変化を生まないために

「ここぞという時」

まで角道を開けないシンプルな居飛車がオススメです。

最初の2手は飛車を活用するために2筋の歩を伸ばしてください。

まずは弱い角の頭を狙うのが基本になります。

今回は△4二金 という疑問手によりすでに先手やや有利です。

△4二金 が疑問なのは今から攻められる角の頭を受けていないからです。

だめ子は角頭を受けないことが多々あり、こうなった場合はシンプルに攻める手が成立します。

上図以下、▲2四歩(下図)

f:id:yasu200:20211129224426p:plain

後手は弱点をカバーしなかったので角の頭を突かれた歩が受けられません。

上図以下、△2四同歩 ▲同飛(下図)

f:id:yasu200:20211129224440p:plain

先ほどの△4二金 で△3二金 と指していれば角の頭をカバーできているので△2三歩 と受けられたんですが、駒の利きがないのでどうしようもないです。

序盤早々、弱点を狙われて後手不利になっています。

上図以下、△6二銀(下図)

f:id:yasu200:20211129224454p:plain

角頭の受けがないとはいえ、完全無視は流石に大悪手です。

次の一手で先手勝勢になります。

上図以下、▲2三歩(下図)

f:id:yasu200:20211129224512p:plain

これで角取りが確定し、わずか9手で将棋は終わりました。

だめ子は飛車先を伸ばした時に角頭を受けないことがあるので、今回のように進んだらこの手順でいきなり優勢になれます。


もし△6二銀 の所で角を逃がそうと△3四歩(下図)と突いてきた場合・・・

f:id:yasu200:20211129224529p:plain

▲2三飛成 と竜を作っても悪くありませんが、ここは「垂れ歩」の手筋を狙うのがいいです。

上図以下、▲2八飛 △3二金 ▲2四歩(下図)

f:id:yasu200:20211129224542p:plain

直接角の頭を叩かずに1つ控えて打ち、「と金」作りを見せた▲2四歩 が「垂れ歩」と呼ばれる手筋の一手です。

こういった

「次に強烈な狙いを秘めた一手」

が将棋では大切になります。

遅いように見えて次の▲2三歩成 からの確実な飛車先突破が受からず先手大優勢です。

この後の指し方は前に書いた下記リンクの記事を参照してください。


dame-ningen.hatenablog.jp


角を取ってからの指し方

f:id:yasu200:20211129224512p:plain

角取りが確定した上図。

実は角を取っても詰みまでは意外と道のりが長いです。

初心者にはここから詰みまでの手順が難しいと思うので、どうやって勝ちまで持っていくのかの一例を紹介します。

上図以下、△3二金 ▲2二歩成 △同銀(下図)

f:id:yasu200:20211129224648p:plain

金を寄ってガッチリ受けられると意外と次の手がありません。

先手勝勢ではありますが慌てて攻めるとダメなので、ここからは次の攻めの形を作るじっくりした駒組みが始まります。

上図以下、▲3八銀 △9四歩 ▲3六歩(下図)

f:id:yasu200:20211129224706p:plain

将棋には

「攻めは飛車・角・銀・桂」

という格言があり、4枚の攻めの形を作るのが理想になります。

現状、飛車だけでは金銀の連結を突破できないので、まずは格言通り右銀を攻めに参加させる準備をします。

上図以下、△2三銀 ▲2八飛 △2四歩 ▲3七銀(下図)

f:id:yasu200:20211129224735p:plain

後手はガッチリと受けの形を作りました。

ここから飛車をバックに銀を進出して2筋からの攻めを狙います。

上図以下、△2二金 ▲4六銀 △4四歩 ▲3五銀(下図)

f:id:yasu200:20211129224747p:plain

飛車と銀の2枚の攻めになり2筋への攻めの形ができました。

いつでも▲2四銀 と攻め込むことができます。

ただ、2枚では攻めが細く心もとないので、慌てずに3枚目の攻め駒を追加します。

上図以下、△9五歩 ▲7六歩(下図)

f:id:yasu200:20211129224809p:plain

ここで眠っていた角を開放します。

最初に角道を開けないのがオススメと書きましたが、それは角交換を狙われないようにするためでした。

もう後手に角がいないので安心して角道を開けてOKです。

今が「ここぞという時」ですね。

上図以下、△2五歩 ▲同飛 △3四歩(下図)

f:id:yasu200:20211129224825p:plain

飛車を呼び込み攻めを催促してきました。

これは角を攻めに参加させた先手にとってありがたい展開です。

上図以下、▲2四銀 △同銀 ▲同飛(下図)

f:id:yasu200:20211129224851p:plain

銀の交換ができてひとまず攻めは成功しました。

「攻め駒の銀」と「守り駒の銀」の交換は

「お互いが銀を持ち駒にしている」

ので同じように感じるかもしれませんが

「基本的には攻め駒の銀を持ち駒にした方が得」

と言われています。

理由としては

・攻めに使っていた銀をさらに自由に使える

・相手は守りの駒が1枚減って受けが薄くなっている

という現実的な損得が発生しているからです。

「攻め幅が広がりながら相手陣は弱くなっている」

というのはかなり大きな成果ということですね。

上図以下、△3三銀(下図)

f:id:yasu200:20211129225008p:plain

単純に受けては勝ち目がない後手は飛車に当てながら守りの銀を投入します。

先手は慌てずに再度攻めの形を構築します。

上図以下、▲2八飛 △2三歩(下図)

f:id:yasu200:20211129225021p:plain

しっかり受けられましたが、ここから締めに向かう寄せにいきます。


Aperyの筋の良い寄せを紹介します

f:id:yasu200:20211129225021p:plain

上図は、意外としっかりしていてどこから攻めていいか分かりにくい局面かもしれません。

まずは最高のお手本としてAperyが示した寄せの手順を紹介します。

上図以下、▲3五歩 △同歩 ▲1六角(下図)

f:id:yasu200:20211129225041p:plain

軽く▲3五歩 と仕掛け、玉のコビンがあいた所へ角の王手を入れます。

これが筋の良い手で、後手は受けが難しくなっています。

上図以下、△5一玉 ▲3四歩 △4二銀 ▲4四角(下図)

f:id:yasu200:20211129225056p:plain

角をバックに守備の銀を責め、8八に眠っていた角まで働かせて迫力のある攻めを実現しました。

上図以下、△3一銀 ▲3三銀(下図)

f:id:yasu200:20211129225116p:plain

後手は金を受けて銀を引きましたが、薄くなった3三の地点に銀を打ち込んで完了です。

上図以下、△3三同桂 ▲同歩成 △同金 ▲同角成(下図)

f:id:yasu200:20211129225158p:plain

と進み、このまま後手玉は詰んでいます。

以下、一例です。

上図以下、△4二銀打 ▲4三桂 △4一玉 ▲3一桂成 △同銀(下図)

f:id:yasu200:20211129225209p:plain

と進み、あと3手で詰みますね。

上図以下、▲3二銀 △同銀 ▲4二金(下図)

f:id:yasu200:20211129225220p:plain

まで先手の勝ちです。

取った角を最大限に働かせた見事な手順でした。

やっぱりAperyはさすがですね。


凡人の寄せ方

局面を戻します。

f:id:yasu200:20211129225021p:plain

上図は、後手が△2三歩 と受けの形を作った所です。

先ほど、ここから▲3五歩 と突き捨ててから▲1六角 と玉を睨む角を打つAperyの見事なお手本を見てもらいました。

本来ならここで終わるのがいいんですが、おまけとして凡人の私が指した寄せも書いておくので、お時間がある方は見ていってください。

上図以下、▲4六銀(下図)

f:id:yasu200:20211129225258p:plain

取った銀でもう一度攻めを狙う筋の悪い一手です。

先ほどの▲3五歩 の素晴らしさが分かる悪い例として反面教師にしてください。

上図以下、△7四歩 ▲3五歩 △同歩 ▲同銀(下図)

f:id:yasu200:20211129225311p:plain

狙いは先ほどの▲1六角 でも出てきた▲3四歩 を含みにした手です。

上図以下、△3六歩 ▲3四歩 △3七歩成 ▲同桂 △4二銀(下図)

f:id:yasu200:20211129225323p:plain

似て非なる遅さですね・・・

Aperyが指した▲1六角 の強烈さがよく分かると思います。

上図以下、▲4四角 △1二金 ▲2二歩(下図)

f:id:yasu200:20211129225338p:plain

▲2二歩 では▲1六角 と打てば良い感じの寄せになっていたみたいです。

▲2二歩 は大差なので確実にいこうとしたヌルイ一手ですね。

上図以下、△4三銀 ▲8八角 △6四歩 ▲2一歩成(下図)

f:id:yasu200:20211129225401p:plain

△6四歩 と玉の退路を作られて鈍足感がハンパないです。

上図以下、△5四銀 ▲2二と △6五歩 ▲1二と(下図)

f:id:yasu200:20211129225413p:plain

金を取って飛車成りが確実になりました。

上図以下、△6六歩 ▲同角 △1二香 ▲2三飛成 △3六歩(下図)

f:id:yasu200:20211129225422p:plain

△3六歩 ではなく△6三玉 と逃げられていたら長引いたんですが、そうしなかったのでここで詰みがあります。

最後に実戦詰将棋として出題するので解いてみてください。

答えは数行下の次の見出しで書きます。








実戦詰将棋の答え

上図以下、▲4一角(下図)

f:id:yasu200:20211129225436p:plain

から詰みます。

6三の地点に逃がさない角がポイントですね。

△5一玉 と逃げると持ち駒がなく合駒できないので▲3三角成 からアッサリ詰みます。

なので角を取るんですが・・・

上図以下、△4一同玉 ▲3二竜(下図)

f:id:yasu200:20211129225451p:plain

この竜捨てが気持ちいい豪快な一手ですね。

上図以下、△3二同玉 ▲3三歩成 △4一玉 ▲4二金(下図)

f:id:yasu200:20211129225500p:plain

までの7手詰みでした。

まぁ実戦ではこの詰み手順に気付かず▲3二竜 の所で▲4四桂(下図)と縛ったんですけどね・・・

f:id:yasu200:20211129225508p:plain

下段に落として縛れば勝ちとしか思ってなかったんで竜を捨てる手が見えませんでした・・・

こういう手がパッと見えないのが私の弱さですね。


最後に

初心者向けに「空 だめ子」の攻略手順を説明しながら紹介してみました。

攻略のポイントとしては


・角道を開けずに飛車先を突く

・角頭を受けなかったらシンプルな攻めで角を取る

・角を取ったあとは焦らず攻めの形を作る


という感じですね。


まずは余計な変化を生まないために角道を開けずに飛車先の歩を伸ばし・・・(下図)

f:id:yasu200:20211129224426p:plain

角頭を受けなかったらそのまま歩を打って角を取れば勝勢です。(下図)

f:id:yasu200:20211129224512p:plain

ただ、シンプルに角を取る手順だと金銀の連結がしっかりしてるので二の矢としてゆっくり攻めの形を作る必要があります。

シンプルに銀を進出して、慌てずに角を参加させる「飛車・角・銀」の3枚の攻めの形を作ってください。(下図)

f:id:yasu200:20211129224809p:plain

「攻めは・飛車・角・銀・桂」

とは言うものの、実戦では「飛車・角・銀」の3枚を中心に攻めの形を作ることが多いですね。

「桂馬まで加わったら最高」

という理想形をイメージしながら、まずはこの3枚の攻めの形を目指してください。


この基本さえ抑えておけばそう簡単に攻めが切れることはないので、だめ子相手なら盤石な体制を築いて勝ち切れると思います。

だめ子のスキをトガめる感覚を身につけて、しっかり勝ち越せるように頑張ってください。

10回やって7勝できれば脱・初心者と胸を張っていいと思いますよ。