ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」のレビュー 居飛車を指す上で有力な攻め筋を学べる本

今回は、居飛車を指すなら外せない一冊

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」

のレビューをしたいと思います。


この本は、タイトルで書かれている

「史上最速の攻撃戦法」

と呼ぶにふさわしい、決まれば圧倒的な速さで勝ち切れる戦法

「極限早繰り銀」

について一通り知っておく必要がある基本手順が解説されている本です。

ムダな手が少ないシンプルで強烈な攻めなので、一手の緩みが致命傷になることも多く、やる側だけじゃなくやられる側の対策としても抑えておく必要がある一冊だと思います。

コレを知ってるかどうかで勝率が変わってくる戦法の典型なので

5級 ~ 初段

くらいの頃なら

「わからん殺し」

による圧倒的勝利を掴みやすく、先にやったもん勝ちがある痛快な戦法ですね。

・明快な攻め筋の戦法を知りたい
・やられたことがあったけど未だに受け方が分かってない

という級位者 ~ 初段前後の方は読む価値がある本だと思います。

この記事では、一通り読んだ私が大まかな内容と感想を書いていくので、購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです。


居飛車ならではの攻め筋を学ぶのに最適な戦法

「極限早繰り銀」

というのは、シンプルな攻め筋である「早繰り銀」の形を今までにないくらい素早く作り

「相手の対応次第ではそのまま攻め潰す」

という超攻撃的で意欲的な戦法です。

最初に解説される成功例の始まりが下図なんですが・・・

居玉のまま一手の無駄もなく早繰り銀の形を作っているのが分かると思います。

この本では、ここから一番上手くいった時の手順から、相手の対応別にこの戦法を指す上で必要な攻め筋を色々と解説しています。

・銀を繰り出し
・歩の突き捨てから銀を五段目に出て
・2筋の突破、もしくは銀交換

という居飛車の基本となる攻め筋を

「これでもか!」

というくらい学べるので

「原始棒銀に代わる将棋の基本を覚えるのに最適な戦法」

としてオススメできます。

居飛車党の初心者が最初に読む定跡本」

としてイチオシの本ですね。

「極限早繰り銀」を通して基本的な攻め筋を学べば将棋の指し方が変わってきますよ。


ザっと基本的な手順を学べるので初心者にオススメ

「極限早繰り銀」は

初手から、▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角(下図)

という感じで▲2六歩 と先手が飛車先を突き、後手が△3四歩 と角道を開けたら▲2五歩 を突いて△3三角 の形を決めてしまうスタートが基本なんですが、

初手から、▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩(下図)

と、お互いに飛車先を伸ばす始まりの「相掛かり」での早繰り銀にも触れているので、相手がどちらのパターンできても対応できる手順を学べます。

この戦法の性質上、そこまで大きく後手に変化する余裕がないので、この本でザっと解説されている

・矢倉
・雁木
・右玉
・相掛かり

に対する「極限早繰り銀」での基本的な攻め筋が分かれば、とりあえずは問題なく指せると思います。

他にも

・後手番での「早繰り銀」
・「早繰り銀」でありがちな失敗例

にも触れているので、必要な情報としては充分です。

級位者の内は細かい定跡を覚えなくても「極限早繰り銀」を中心とした序盤の駒組みと攻め筋を基本にして指せばどうにかなりますね。

もし初心者から

「1つだけ戦法を覚えるなら何がいい?」

と聞かれたら

「極限早繰り銀を覚えるといいよ」

と言ってこの本をオススメするくらいイチオシの戦法です。


読みやすい構成の本

この本を読んでいて思ったのは、

「佐藤慎一先生の文章が読みやすい」

ということと

「理解しやすい構成になっている」

ということでした。

変なクセもなく要点を抑えたスッキリした文章なのでスッと頭に入りますし、

① 極限早繰り銀の講座
② 自戦記による実戦の解説
③ 要点を抑えた「次の一手」による復習

という構成で、ひたすらに定跡手順が網羅された本よりも理解しやすい内容でしたから。

特に、この戦法を指す上で絶対に間違えてはいけないポイントを「次の一手」で振り返れるのは分かりやすくて最高でした。

・ほどよい量の講座で基本を学び
・実戦譜から指し方を感じ取って
・最後に要点の復習

の流れは今後の定跡本でも採用して欲しいですね。


最後に

・初心者が最初に覚えるのに最適な戦法を探している
・分かりやすい戦法を知りたい
居飛車の基本的な攻め筋を学びたい

といった方にとって

「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」

は、かなりオススメの一冊になっています。

ある程度の所で行き詰まりやすい「原始棒銀」に代わる初心者へのオススメ戦法として、これからは末永く使えそうな「極限早繰り銀」をオススメしようと思いました。

現代のスピード感がある将棋を象徴する戦法でもありますし、1回でも実戦で

「極限早繰り銀の速攻を食らってわからん殺しされた」

という人も、どういう狙いの戦法なのか知れば対策もできるのでぜひ読んでみてください。

・強烈で
・分かりやすく
・けっこう応用が利く

優秀な戦法なので、この本をキッカケに爽快に攻め勝つ将棋の感覚を少しでも感じ取れたら棋力アップ間違いなしですよ。