人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【ぴよ将棋w】後手番で Lv3 ひよ香(14級)を28手で倒した一局【四間飛車 vs 居飛車】

今回は「ぴよ将棋w」の

Lv3 ひよ香(14級)

に後手番で挑み、28手で勝った一局を紹介します。

見所は

・実は受かっていた筋悪の攻め

・実戦詰将棋(3手詰め)

の2つです。

「楽勝」と思っても油断ならない受けがある

という一例をお楽しみください。


飛車先を受けなかったけど・・・

先手が「ひよ香(14級)、後手が「私」です。

初手から、▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩(下図)

上図以下、▲6八飛 △6二銀 ▲1六歩 △4二玉(下図)

先手は四間飛車に振り、オーソドックスな対抗形になりました。

▲1六歩 が藤井システムを匂わせる油断ならない一手ですね。

上図以下、▲7八銀 △3二玉 ▲3八銀 △8五歩(下図)

ここまでは普通の駒組みだったんですが、次の一手からやや崩れます。

上図以下、▲6七銀(下図)

△8五歩 には▲7七角 と受けるのが普通の所、8筋は放置して▲6七銀 と上がりました。

誘いに乗って一歩交換にいきます。

上図以下、△8六歩(下図)

ここで▲8六同歩 △同飛 ▲7八金(下図)と対応すれば一局の将棋なんですが・・・

本譜は▲1五歩(下図)と指して8六の歩を取らなかったので・・・

上図以下、△8七歩成(下図)

急所に「と金」ができて後手勝勢になりました。


実は受かっていた筋悪の攻め

これ以上ない攻めが決まった上図。

ここで気を抜きすぎて次の一手の対応をちょっとミスしました。

上図以下、▲7八金(下図)

▲7八金 は受けになってないのでどう対応してもよさそうですが、気を抜くと勝ちが遅くなります。

ますは私が逃した正着から紹介しますね。

上図以下、△7八同と(下図)

ここでの正着は△7八同と と金を取る手でした。

▲7八同銀 は△8八飛成 で角がタダなので飛車で取りますが・・・

上図以下、▲7八同飛 △8七金(下図)

シンプルに金を打ち込んで飛車・角の両取りを掛ければ後手の勝ちでした。

上図以下、▲7七角 △7八金 ▲同銀 △8八歩(下図)

△8八歩 までは一例ですが、こう進めば先手から反撃する手も乏しく安全勝ちが望めましたね。

本譜は△7八同と ではなく△8八と(下図)と角を取ったので少し紛れる変化がありました。

上図以下、▲8八同金 △7九角(下図)

飛車・金の割り打ちが決まって必勝に見えますが・・・

上図以下、▲8七歩(下図)

もし▲8七歩 と受けられていたら粘りを許して長引いていたと思います。

上図以下、△6八角成 ▲同玉 △6四歩(下図)

これはこれで後手優勢でも、決め逃した感のある残念な将棋ですね。

本譜は▲8七歩 ではなく▲1四歩(下図)と指してきたので・・・

上図以下、△6八角成 ▲同玉 △8八飛成 ▲5九玉(下図)

角切りから飛車を成り込んで後手の勝ちになりました。

△8八飛成 に▲5九玉 と逃げたので簡単な3手詰めが生じています。

最後に実戦詰将棋として出題するので、お時間のある方は解いてみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、△6九飛(下図)

飛車を捨てるのが好手で詰みます。

上図以下、▲6九同玉 △6八金(下図)

銀のスキを突いたキレイな頭金で詰みですね。

実戦はここで「ひよ香」の投了となりました。


最後に

初心者向けの14級は△8六歩(下図)と飛車先の歩がぶつかった時に放置する傾向があります。

そうなった時はありがたく「と金」を作り、大きな駒得をして勝ち切ればOKです。

ただ、油断すると本局みたいに受けを許す手が生まれたりするので、優勢になった時こそしっかり読むのが大切ですね。

大駒を取るより金を取った方が良い時もある

というのを本局から感じ取り、棋力アップに繋がれば嬉しいです。