人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【ぴよ将棋w】ピヨ幸(三段+)の上手い寄せ【敗局から学ぶ】

今回は「ぴよ将棋w」の「ピヨ幸(三段+)」との一局から

ピヨ幸の上手い寄せ

を紹介します。

粘りを許さずスパッと決める三段+の寄せをお楽しみください。


意表の銀捨て

先手が「私」、後手が「ピヨ幸(三段+)」です。

上図は、私の敗勢で迎えた終盤戦です。

受けたつもりで指した▲4九香 ですが、これが受けになっていない悪手でした。

ここから上手い一手で寄せ切られます。

もし寄せ問題として挑戦したい方はここで考えてからスクロールしてください。

数行下で寄せ手順を書きます。










図を再掲します。

上図以下、△1七銀(下図)

端に銀を捨てるのが見事な一手でした。

実戦は▲1七同香(下図)と取ったので・・・

上図以下、△1八金(下図)

キレイな送りの手筋から詰まされました。

▲3九玉 は△2八角 の詰みなので・・・

上図以下、▲1八同玉 △3八龍(下図)

金を取るしかなかったんですが、一間竜で迫られた所で投了しました。

上図以下、▲2八金 △2九角 ▲1九玉 △1八銀(下図)

あとは定番の手順で詰みですね。


△1七銀 を香車で取ると詰むので、最善の一手は▲1七同玉(下図)と玉で取る手ですが・・・

上図以下、△3九角(下図)

この角打ちで寄っています。

▲2六玉 と上へ逃げるのは△2五金 ▲同桂 △同歩 ▲3七玉 △2八角打(下図)までの詰みなので・・・

△3九角 には▲2八銀(下図)と合駒するくらいですが・・・

上図以下、△3八竜(下図)

龍で銀を取っておけば寄りですね。

以下、一例です。

上図以下、▲3九銀 △2六銀(下図)

▲3九銀 と角を取る手には△2六銀 と捨てるのが好手です。

▲2六同歩 には△2七金 の詰みがあるので、取るなら▲2六同玉(下図)ですが・・・

上図以下、△2五歩 ▲同桂 △3五金(下図)

△2五歩 で桂跳ねの手を作ってから△3五金 と捨てるのが好手で詰みます。

上図以下、▲3五同歩 △1七角(下図)

続く△1七角 が決め手ですね。

▲1七同香 は△3五竜 の詰み。

▲1七同玉(下図)には・・・

上図以下、△2五桂 ▲2六玉 △3五竜(下図)

までの詰みです。

序盤のミスから大差になり、最後はスパッと決められた完敗の一局でした。

自称二段と名乗ってる通り、三段はまだまだ壁として立ちはだかりますね・・・