人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋59】逃げ方が多いけど優しい詰み【5手詰め】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に右玉で挑んだ時の終盤戦です。

▲2五桂 の詰めろに△6九飛 と打ってきたので先手の勝ちになっています。

ここから後手玉を5手で詰ます手順を考えてみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、▲3二金(下図)

この金打ちから詰みます。

・△1二玉
・△3二同玉

の2つに分かれるのでそれぞれ解説しますね。


△1二玉 と逃げた場合

△1二玉(下図)と逃げた場合は・・・

上図以下、▲1三香(下図)

桂の利きを利用して▲1三香 と打てば・・・

上図以下、△1三同桂 ▲2一銀(下図)

△1三同桂 と取るしかありません。

これで退路を封鎖しながら銀打ちのスペースを作れたので▲2一銀 と打てば詰みです。


△3二同玉 と取った場合

△3二同玉(下図)と金を取った場合は・・・

上図以下、▲4一銀(下図)

この銀打ちで捕まっています。

△2二玉 や△3一玉 と逃げれば▲3二飛(下図)で詰みますし・・・・

△4三玉(下図)と上へ逃げても・・・

上図以下、▲5三飛(下図)

飛車打ちまでの詰みです。


逃げ方が多いけど比較的やさしめの5手詰めでした。

まぁ、実戦ではこの詰みを逃してクソヌルイ寄せになったんですけどね・・・

検討で5手詰めと示された時は手の見えてなさに嫌になりましたよ・・・