人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋156】馬と桂の連携で仕留める【9手詰め】

上図は、居飛車穴熊 vs ノーマル三間飛車 の終盤を検討していた局面です。

ここで先手玉をキレイに詰ます9手詰めがありました。

「7八の馬」を最大限に活用する見事な手順を考えてみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、△8九金(下図)

まずは金を捨て・・・

上図以下、▲8九同金 △7七馬(下図)

王手で桂を入手する実戦らしい手順で手を繋ぎます。

8八に駒を打つと△8七桂 までの早詰みなので移動合いが最善です。

上図以下、▲8八金 △8七桂(下図)

そこで桂を打つのが馬と連携した手筋ですね。

上図以下、▲8九玉(下図)

ここで金があれば△7九金 まで「手筋の詰み」で簡単ですが、あいにく銀しかありません。

次の手が見えず「ギリ詰まない?」と思ってしまいましたが・・・

上図以下、△7八銀(下図)

この銀捨てが馬と桂を最大限に働かせるトドメの好手で・・・

上図以下、▲7八同金 △9九馬(下図)

これしかないピッタリした形で詰み上がります。


最後に

上図の形になる前、AIが示した寄せの手が△7七銀(下図)だったんですが・・・

単純に攻め駒を残すだけじゃなく「応手によっては詰みも見越した手」だったんですね。

手が見えず読みも浅い私には切らされそうな寄せにしか見えませんでしたよ・・・

まさか▲7七同桂 には△8九金 から詰みがあったなんて・・・

流れるような手順でちょっと感動しちゃいました。

トドメの△7八銀 ▲同金 △9九馬(下図)が特に最高ですね。

このパズルのようなピッタリ感・・・

馬と桂が連携する手筋として忘れないようにしたいです。