ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

30代職歴なしニートの闇を放出してるブログです

ブログで稼ぎたかったらつまらない記事を書け、個性を捨てろ

最近さ、副業ブームというかなんというか・・・


ブログで稼ごうとする人がちょっと増えてきてるんだけど・・・


その弊害みたいなのがあるんですよね・・・


まぁ・・・なんていうか・・・


つまらねぇブログが増えたな


って思うことが多くなったっつーか・・・


検索上位に並ぶブログのつまらなさは異常だよ・・・


このつまらないっていうのは「文章が下手」とか「寒いことを書いてる」とかそういうことじゃなくて・・・


別にお前が書かなくてもよくね?

誰が書いても一緒じゃねぇかよ


っていう個性のないブログのことを言ってます。


なんだろうね・・・感情のない死んだブログが多いっつーかさ・・・


人間味が薄れてる


っていうのがしっくりくる表現かな・・・


まぁ別に調べ事にその人の考えとかはいらないっちゃいらないんだけど・・・


読み応えのないブログばかりで面白くないんだよ・・・


これはさ、Googleの評価基準がちょっと厳しすぎて


「自由に書くと上位にいきずらい」


っていう弊害から生まれてると思うんだよね・・・


Googleが求めてるのは


「余計なことを書かず、シンプルに悩みを網羅して解決してる記事」


だったりするからさ・・・


有名ブロガーがYOUTUBEで発信してるレクチャー動画で


「稼ぎたいなら検索上位の記事を見て研究しよう」


みたいなことを言うんだけど、そうなると端的な説明をしてる上位のブログを参考にするっつーかパクる人が増えるから


量産型の記事で溢れるんだよね・・・


検索上位を狙うならそういう記事を書く必要があるから、目的の為なら正しいっちゃ正しいんだけど・・・


つまんねぇんだよ・・・読む側としては・・・

っていうか、書いててもつまらねぇ・・・


なんで急にこんなことを愚痴ってるかと言うと、最近は私もそっち路線でブログを書いていて窮屈さを感じているからです。


というのも、このブログとは別に収益を意識して書いているメインブログの方では検索エンジンからの評価を意識するあまり、


よくあるブログノウハウに沿ったテンプレみたいな記事


を書いているからです。


個性を捨てて


「ムダなことは書かない」


っていう寂しい記事をね・・・


そうなると「味のしないガムを噛み続ける」みたいな虚無感に襲われて好き勝手に書き殴りたくなってくるんですよ・・・


最近、「完全終了」と宣言して捨てていたこのブログを再開してダラダラしょうもない事を書いてるのはその反動ですね・・・


文章を書くのが嫌いになりそうな感情を好き勝手に書き殴ってどうにか阻止する感じ・・・


なんだかなぁ・・・


学校で書かされる作文みたいな


「誰でも書ける答えのある文章」


が評価される現状はやりきれないっすわ・・・


ブログで稼ぐならつまらない記事を書け、個性を捨てろ

昔と違ってGoogleの評価がシビアになった現在、好き勝手に書くとだいたい失敗します。


某有名ブロガーのMさんも


「稼ぎたかったら書きたいことを書くな」


と言っていましたしね。


要は、自分が書きたいことじゃなくて、


読者が求めていること


を書かないといけないんですよ。


読者の悩みを解決すること


が稼げるブログの条件なので、検索意図を満たすことを中心に考えなきゃいけませんから。


自分が書きたいことを書いても読者の悩みの解決にはなりませんし、検索で引っ掛かることもないので無意味に終わります。


なので、検索ワードから読者の悩みを洗い出し、それを網羅的に解決する記事を書く必要があるんです。


これがさ・・・メッチャつまらねぇのよ・・・


自分の中にある引き出しでは足りず、ネットにある情報を調べて書いたりするわけだから、


誰でも書ける個性のない記事になる


のがむなしくなるんだよね・・・


書いててつまらない上に読んでもつまらないっていうのが致命的よ・・・


雑記ブログでは面白かったあるブロガーさんも、収益を狙ったノウハウ系ブログでは面白くなかったりするしね・・・


持ち前の文章力で分かりやすい記事に仕上がってるけど、別にトップ層の文章力は大差ないからその記事と似た記事はあるし・・・


みんなほぼ同じことを書いてるから


「絶対にこのブログを読む必要があるか?」


って考えるとそうでもないし・・・


あんたの記事を読むためにこのブログにアクセスしてるんだ!


っていう絶対的な欲求みたいなのはないんだよね。


要は誰でもいいのよ、どれを読んでも大差ないから・・・


たまたま1位にあったから読んだだけ・・・


10位だったら読んでないっつー話・・・


その人のブログを探してまで読む価値がないってのが悲しい所だよね・・・


でも、稼げてるのはこういう無味無臭みたいなブログだったりするのよ・・・


Googleの力で今日も人知れずアクセスだけは集まり、ファンになる読者もいないままアフィリンクをクリックされて物が売れていく・・・


目的は達成してるからいいけど、何だかちょっと悲しいのは何故なんだろう・・・


お金のために楽しくないことをやるっていうのが仕事と変わらないからかな・・・


わからねぇや・・・


でも、もう割り切るしかないわな・・・


好きに書きたきゃこのブログで好き勝手にやればいいし・・・


まぁ・・・なんて言うか・・・


個性を捨てて端的に情報を提供してるブログの方が稼げるのは事実です・・・


稼ぎたかったらつまらない記事を書け

個性を捨てろ


っていうのはこういう現実もあるから言ってみただけ。


SNS経由で稼ぐならもうちょっと個性を出してアピールするのもアリだけど、そうじゃないなら個性はいらない・・・


インフルエンサーとかにならず、人知れず稼いでる人たちはその場限りの記憶にも残らないブログで稼いでるから・・・


心を無にしてつまらない記事を書くのがむなしくないなら最高の世界だと思うわ。


そうじゃない私はブログで溜まった闇をこのブログで吐き出しながらボチボチやってくしかないわなぁ・・・


最後に

自由に書く文章が好きだからブログで稼ぎたい


みたいな感じの人は


いつか苦痛の壁にぶつかる


ので息抜きブログで発散するといいかもしれません。


漫画家だって


漫画を描くのが好きだから漫画家になりたい


という子供の頃の純粋な思いだけでは続かないわけですから・・・


好きだったことに苦痛を感じた時、楽しさを思い出せる場を持つっていうのが継続の秘訣かもしれません。


こういうゴミ記事をガーーーっと書き殴ると何だかスッキリして文章を書く楽しさを思い出せるからいいわ・・・


テーマを指定されると書けないっていうのが私の弱点だから、検索意図から記事を書くって辛いのよ・・・・・・


このブログをやめる前、お問い合わせフォームから


「〇〇について書いてください、ヤスさんの意見を聞きたいです」


みたいなメールが来てたこともあったけど結局書けなかったしさ・・・


基本的に他人への興味がないから


「どうでもいい、興味ない」


で終わっちゃうんだよね・・・


あんまり物事を考えて生きてないし、自分に関係ないことに意見なんて持ってないのよ・・・


それがニートってもんだから・・・


まぁ10000円くらいくれるならムリヤリ振り絞って頑張って書くかもしんないけどね


結局はお金の為なら頑張れるのかもしれない。


虚無感に耐えられるのは現実的に通帳が潤っていくからなんだろうね。


さて、つまんないブログへの愚痴も終わったし、午後はメインブログに虚無感たっぷりの記事でも書くかな・・・