人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【アンチコメントへの対応7】ブログの検索窓にアンチコメントを打つ人がいた・・・

ど~も、何事も色々なやり方があるんだなぁ・・・と思ったニートです。


ここまで


アンチコメントをネタに記事を書く


という形でブログからネタを抽出してきましたが、そろそろネタ切れっぽいです。


もう少しアンチがいたはずなんですが、コメントが見当たらないんですよね・・・


過去に「これは残してもしょうがないかな・・」と思って削除してしまったか・・・


SEO対策でアクセスのない記事を削除した時にコメントも道連れになってしまったのかもしれません。


今になると惜しいことをした気がする・・・

ブログ管理を頑張った自分にちょっと後悔・・・


でも、とある記事を読み直していたら思い出したアンチがいたので今回はそれをネタに書こうと思います。


第7回に取り上げるアンチ、それは


検索窓にアンチコメントを打っていた人


です。


「どういうこと?」


と思うかもしれませんが


物は使いよう


というのが分かるアンチの執念をお楽しみください。


まさか検索窓を利用するとは・・・

今回のアンチを思い出した記事は下記リンクになります。


ニートを抱えて悩んでる親御さんは「ニートの親ブログ」なんてやってみるといいかも、ネットなら同じ悩みを持った人と繋がれるよ - ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】


ある日、Googleアナリティクス(以下、GA)のページ別アクセス数を見ていたら


・ニート 邪魔
・ニート 迷惑
・ニート 殺したい
・ニート息子 追い出す
・ニート息子 追い出したい
・ニート息子 死んで欲しい


というちょっと物騒な検索をした履歴が残っていたの見て


ニートを抱えて困ってる親御さんの悩みかな?


と思って書いた記事ですね。


このワード・・・ちょっと違和感がある・・・


とは思いましたが、とりあえず記事に昇華したのは悪くない判断だったと思います。


これらを打ったのがアンチだとハッキリしたのは上記の記事を投稿した次の日でした。


前日のアクセス数をGAで確認すると・・・


「お前のことだよw」の検索結果


という履歴があったからです。


他にも


「さっさと逝けw」


などのアンチコメントっぽい言葉で検索した履歴もあった気がします。


これを見た時、


あ~・・・やっぱりそうか・・・

そんな気配がしたもんなぁ・・・


と疑惑が確信に変わると同時に


でも、これなら「検索しただけ」だから罪には問いにくいかも・・・

ものは使いようだなぁ・・・


と思い、それなりに策を練ってアンチ行動をしてることに少し関心しましたね。


まぁ、変な執念にちょっと笑っちゃいましたけど・・・


これ、私のように貧乏で弱小ブログしか運営してない人は裁判とか起こせないからアレですけど、


もしインフルエンサーが集団のアンチにやられたらヤッカイ


かもしれません。


「あからさまなアンチコメント」


と思ったのは受け手の主観でしかなく


「こういう文章を打った記事があった気がしたから検索しただけ」と言われればそれまで


という可能性も0じゃなさそうですから・・・


いや、司法はそこまでバカな判断はしないのかな?


すでに「検索窓からアンチコメントを打ってきた人」を訴えた誹謗中傷裁判とかあったりするんだろうか・・・


もし前例がないとすればワンチャン助かるかもしれないから


意外と賢いアンチ行動


なのかもしれませんね。


でも


「こいつ、ちょっと賢いアンチかも・・・」


と思ったのは一瞬だけでした・・・


上記の記事を投稿した後に


「自分の検索アンチワードが読まれてる!」


と確信したのか一気に検索量を増やしてきましたから・・・


ただの幼稚なアンチでした・・・


おいおい・・・


賢いのかバカなのかハッキリしてくれ・・・


どいつもこいつも


承認欲求を抑えられない


ってのは致命傷だと思うわ・・・


検索窓に悩みを打った人もいたような・・・

今回の件で


そういえば、過去に「検索窓に悩みを打ち込んだ人」がいたような・・・


と類似の体験があったのを思い出し、探したら下記リンクの記事が見つかりました。


家族とうまくいってないなら夜勤の仕事をオススメします、あまり関わらずにすむよ - ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】


検索履歴にあった


家族がやなかんじなので死にたいですなんどもしのうとしましたが死ねなかったもういきっていたくない


という長めのワードを見て、私の実体験から1つの解決法を書いてみた記事です。


当時は


ブログの検索窓って意外と文字数を受け付けてるんだなぁ・・・


と新たな発見になりましたよ。


過去にも似た方法で記事を書いていた辺り、ネタ探しの方法が成長してないですね。


でも、もしかしたら定期的に


変な検索ワード


を探すとネタが見つかって面白いかもしれません。


GA4に変わってからはデータの反映が遅いから記事別のアクセス数をチェックをしてないけど・・・


改めて見てみたら何かネタになるワードとかあったりするのかな・・・


最後に

ブログの検索窓を簡易的なコメント欄として利用する


という変な方法を使ってアンチ活動をしていた人を紹介してみました。


これ、同じことをされた人っています?


仮にいたとしてもアクセス解析を下の方までしっかり確認しないと見つからないから気付かず終わってるパターンが多そう・・・


もしメッチャ暇だったら「ウォーリーを探せ」のノリで


「アンチワードを探せ」


とかやってみてください。


意外な敵が見つかるかもしれませんよ?