人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【きのあ将棋】テスト版「あらきっぺさん」の見事な攻め【歩だけで崩す】

今回は「きのあ将棋」の「テスト版あらきっぺさん」に

先手番 ノーマル三間飛車(下図)

で挑み、ボロ負けした一局から

見事な歩の攻め

を紹介します。

ミスを的確にトガめる高段AIの強さをお楽しみください。


角筋を通したままの左美濃がヤッカイ

先手が「私」、後手が「あらきっぺさん」です。

本題の前に反省点だった序盤早々のミスに触れておきます。

オーソドックスな三間飛車 vs 左美濃 になった上図の局面。

ここでウッカリしたのが劣勢の始まりに・・・

上図以下、▲5六銀 △2四歩(下図)

いつも「郷谷さん(上級-)」と指してるノリで▲5六銀 と出て

「次の▲4五銀 を△4四歩 や△4四銀 と受けさせて石田流を目指そう」

と思っていたんですが、△2四歩 がこちらの予定を狂わす好手でした。

△3二銀 と美濃の形を作った場合は角道を止めずに「銀冠」で受ける手があるのをウッカリしてましたよ・・・

角筋が通ってると▲5九角 と引けず動きにくさがハンパない・・・

銀の空振り感も酷いし、基礎からやり直しなのを感じさせられた一手でした。


ミスをとがめる的確な攻め

▲5六銀 の顔を立てようと「ダイヤモンド美濃」に組み、上図のように進みました。

左辺から動きにくくて作戦負け感がありまくりでしたね。

ここから数手後に大ミスをして形勢が大きく後手に振れます。

上図以下、△5五歩 ▲4五歩(下図)

△5五歩 には突き違いの歩で銀を追い返し・・・

上図以下、△5三銀 ▲5五歩 △同角 ▲5六銀(下図)

角取りに銀を上がったのがプチミス。

ここは▲6七金 とバランスよく構えるのが正着でした。

ただ、ここはまだ大丈夫です。問題はここから・・・

上図以下、△3三角 ▲5五歩(下図)

▲5五歩 が居飛車っぽい押さえ込み志向の手で、これがあまり良くありませんでした。

この後の展開を見ると「狙われるだけの歩」になりましたから・・・

正着は▲6七金 とバランスよく6筋方面を支える手だったので、振り飛車を指すならもう少し軽い手が浮かばないとダメみたいですね。

上図以下、△7五歩(下図)

弱点を突く△7五歩 が鋭い手で後手の攻めに勢いが出てきました。

次に△6四銀 と出られると「5五の歩」が格好の的になってしまうため・・・

上図以下、▲6五歩(下図)

歩を突いて受けましたが・・・

上図以下、△7六歩 ▲6八角 △7二飛(下図)

上図のように進められると「3三の角」の睨みが強力で後手の攻めを受けるのが容易ではありません。

上ずった陣形をまとめるのも難しいですし、次の△5四歩 が厳しすぎて的確にトガめられた感がありますね。


歩だけでガタガタにされる

ここから後手の攻めが刺さります。

上図以下、▲6七金 △5四歩 ▲4六角(下図)

ムリヤリ駒を上に使って5筋方面へ数を足しにいきましたが、より上ずった陣形はスキも大きくなり

「どうぞ技を掛けてください」

と言わんばかりの乱れっぷりです。

上図以下、△5五歩(下図)

単純ながら厳しい歩の取り込み・・・

どうせヤケクソに指してるなら角交換をする▲5五同角 と指すべきでしたが・・・

上図以下、▲5五同銀(下図)

恐がって銀で取ったのが傷口を広げる悪手で・・・

上図以下、△3五歩(下図)

対応の難しい歩を突かれて困りました。

放置すると△3六歩 の取り込みが厳しい・・・

受けるにしても▲3五同角 は△5五角 の銀損だから論外・・・

▲3五同歩 だと△3六歩 があるから攻めが早まる・・・

▲4七銀 と桂頭を受けると囲いが崩れる上に離れ駒もできちまう・・・

しっくりくる手がありません。

どれがマシか考えた結果・・・

上図以下、▲4七銀(下図)

銀上がりで桂頭を受けましたが・・・

上図以下、△3六歩 ▲同銀 △5四歩(下図)

形を乱されてからの△5四歩 を食らい・・・

上図以下、▲6六銀 △6四歩(下図)

急所を刺す△6四歩 に困り果てました・・・

取ると△6五歩 が厳しく、駒損するか、△9九角成 ~ △8九馬 からジリジリ攻められる展開になって終わります。

上図以下、▲5五歩 △6五歩(下図)

実戦は角筋を止めようと歩を打ちましたが、自然な△6五歩 で後手が良いんだから救いようがない。

△7二飛 以降、「あらきっぺさん」は歩しか触ってないのが怖い・・・

的確に「歩の手筋」が使えるとこんなに厳しく攻め込めるんですね・・・

上図以下、▲6五同銀 △5五角(下図)

もう素直に応じるしかなく・・・

上図以下、▲5五同角 △同歩(下図)

次に△6九角 の「飛車・銀 両取り」を見せられた上図は後手勝勢です。

上図以下、▲4八飛 △6六歩(下図)

両取りを受けた手にも的確な叩きを食らい・・・

上図以下、▲5七金 △3五歩(下図)

金を逃げたら銀も叩かれ・・・

上図以下、▲4七銀 △7七歩成(下図)

ガッツリ凹まされてから「と金」を作られて負けが確定しました。

いくらなんでも酷すぎる負けっぷり・・・

歩だけでガタガタにされたトラウマ級の敗戦でしたね・・・


最後に

「きのあ将棋」最強の「あらきっぺさん」

に挑んだら

キレイな歩の手筋

でボロ負けしたのでお手本として記事にしてみました。

この後も負け続け、ガックリしながらしたポストが下記です。



甘い手を指すとキッチリとがめてくる強さに

高校時代に先生と指していた時のような怖さ

を思い出しましたよ・・・

何局か指してみた感じだと

変なクセもない王道の居飛車党

っぽいので、それなりに勝てるようになれば将棋の質が向上しそうです。

しばらくは「あらきっぺさん」の好手を取り上げる敗戦記になりそうですが、新たな攻略法を探しながら記録していこうと思います。