人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋88】早朝のトン死【9手詰め】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」との一局を少しアレンジした実戦詰将棋です。

一段目にいる竜と飛車を最大限に活用して9手で詰ます手順を考えてみて下さい。

答えは数行下の見出しで書きます。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、▲5一竜(下図)

竜を切るのが詰みに持っていく好手です。

△5一同金 と取ると▲同飛成 △同玉 ▲5二金(下図)の早詰みなので・・・

竜は取らずに△7一玉(下図)と逃げるのが最善です。

上図以下、▲6二金(下図)

そこで▲6二金 と打つのが最短の9手で仕留める一手になります。

上図以下、△8二玉 ▲7二金(下図)

銀を取れば詰み形ですね。

△9二玉 なら▲8二金打 の詰み・・・

△7二同金 なら▲8一竜 の詰みなので玉で取るしかありません。

上図以下、△7二同玉 ▲6一竜(下図)

あとは▲6一竜 と迫れば・・・

上図以下、△8二玉 ▲8一竜(下図)

▲8一竜 までのキレイな9手詰めです。


補足:バラして詰ます13手詰めもある

たぶん、上記の9手詰めじゃない手順が見えた人もいると思うので補足します。

△7一玉(下図)と逃げた所で▲6二金 ではなく・・・

上図以下、▲6一竜(下図)

ズバッと竜を切ってバラす手が見えた人も正解です。

△8二玉 と逃げるのは▲7一竜 △9二玉 ▲8二金 の詰みなので取るしかありません。

上図以下、△6一同銀 ▲同飛成 △同玉(下図)

飛車も切って玉を裸にしたら、あとは豊富な持ち駒をベタベタ打つだけです。

上図以下、▲5二金 △7一玉 ▲6二金打 △8二玉(下図)

ここでウッカリ▲7二金打 と金を使うと詰みませんが・・・

上図以下、▲7一銀 △9二玉 ▲8二金(下図)

▲7一銀 と打って金を残せば▲8二金 までの13手詰めです。

手数は長くてもこちらの手順の方が一直線なので分かりやすいかもしれませんね。