人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【寄せ問題10】意外だった銀打ち【7手必至】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に先手番で挑んだ時の終盤戦です。

△2四歩 と退路を広げて▲4二馬 の1手詰めを受けられた局面になります。

AIで検討したら

3手で受けが難しい形に追い込む手順がある

と個人的に意外な手を示していました。

実戦的な粘りが利くので最後まで指せば7手必至ですが、とりあえず最初の3手だけ探してみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。










寄せ問題の答え

では答えです。

上図以下、▲4一馬(下図)

まずは取れば頭金の▲4一馬 から入り、2三への逃げを阻止します。

上図以下、△3三玉 ▲3二銀(下図)

そこで▲3二銀 とあえて王手しないのが3手で寄り形に追い込む好手でした。

次の▲4三銀成 や▲4三成桂 の詰みが受けにくいですね。

△4四玉 と逃げても▲4三銀成 △4五玉 ▲4六金(下図)までの詰みがあるので無効です。

▲3二銀 に対し、粘るなら△5二金(下図)と打つ手はありますが・・・

上図以下、▲5二同成桂(下図)

成桂で取っておけば▲4二馬 からの詰めろが継続されるので受けになりません。

さらに△6四角(下図)と粘っても・・・

上図以下、▲4五金(下図)

ガッチリ上部を押さえれば、次の▲2三金 △同銀 ▲同銀成 の詰みを受けるのが難しく、今度こそ必至です。

ここまでの7手が正解になります。


以下、△1二銀(下図)と受けても・・・

上図以下、▲4三銀成 △同玉 ▲4四金打(下図)

4三に銀を捨てる詰みもあるので受かりません。


個人的には△5二金 からの手順は詰将棋でいう「ムダ合」っぽい一手に感じたので▲3二銀 まで見えれば充分だと思います。


▲4二銀 でも寄る

▲3二銀 と打った所で

「▲4二銀(下図)の王手でも寄らない?」

と思った方もいると思います。

それも正解です。

上図以下、△4四玉 ▲4六歩 △3三桂(下図)

▲4六歩 の詰めろを△3三桂 と受けた所で・・・

上図以下、▲3二馬(下図)

ジッと馬で迫れば

▲3三馬 △同銀 ▲4五金 や・・・

▲4三馬 △3五玉 ▲3六金 の詰みを受けるのが難しいですから。

ただ、応手によっては長手数の詰みもあり、読みが求められる変化かもしれません。


検討した時は▲3二銀 の意外性に「お?」っと思いましたが、今になるとこちらも悪くない寄せに見えてきました。

少し先走って記事を書いてしまった感があります。

とりあえず

たった3手で優しい寄り形に持ち込む▲3二銀 もあった

ということでご容赦ください。