人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【寄せ問題11】馬筋を止める好手【3手必至】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に先手番で挑んだ時の終盤戦です。

▲2二金 で詰めば話は早いんですが、あいにく9九に馬がいてそれが叶いません。

馬筋をケアしながら寄せるにはどう指せばいいでしょうか。

「3二の成桂」と「4五の桂」を手掛かりに3手必至を掛けてください。

答えは数行下の見出しで書きます。










寄せ問題の答え

では答えです。

上図以下、▲3三金(下図)

お互いの焦点に打つ▲3三金 が単純ながら明快な勝ち筋でした。

馬筋が止まったので、次の▲2二成桂 や▲2二金打 の詰みが受けにくいです。

上図以下、△3三同馬 ▲同桂成(下図)

△3三同馬 と素直に取るしかありませんが、▲同桂成 と取り返せば▲2二金 の詰みを受けられず必至になります。


以下、簡単な補足です。

△3二銀 や△3三同桂 と成桂を取っても▲2二金 までの詰み・・・

△1一銀(下図)のように2二への利きを足しても・・・

上図以下、▲2二金 △同銀 ▲同成桂寄(下図)

数が足りないので▲2二金 から簡単な詰みですね。


最後に

実戦は9九に馬がいるのを見落としていて、上図の局面になった所で

「あ、馬がいる!」

「▲2二金 で詰まないじゃん!」

と気付きメチャクチャ焦ってました。

たまたま▲3三金(下図)が成立していたからよかったものの・・・

これに気付くまでの30秒くらいは血の気が引きっぱなしでしたよ・・・

過去に何度も書いてきたけど、常に盤面を広く見るのは大切ですね・・・