人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋121】竜の力でピッタリ捕まえる【13手詰め】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に先手番で挑んだ時の終盤戦です。

実戦では詰み逃したんですが、検討したら後手玉に13手詰めがあったことが分かりました。

上部へ逃がしつつも入玉を許さないトドメの一手がポイントです。

答えは数行下に書いてあるので、詰み手順が見えたらスクロールしてください。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、▲2三成桂(下図)

あえて上部へ逃がす成桂捨てが好手でした。

△2一玉 は▲2二金 までの詰みなので取るしかありません。

上図以下、△2三同玉 ▲3四銀(下図)

そこで▲3四銀 と捨て、質駒の金を王手で取れる形に誘います。

以下、△1二玉 や△2二玉 なら▲2三金 △2一玉 ▲3一竜 △同玉 ▲3二金(下図)までの詰み・・・

△2四玉(下図)と逃げても・・・

上図以下、▲2五金 △1三玉 ▲4三竜(下図)

この竜の王手がピッタリで、どこへ逃げても▲2三竜 までの詰みです。

なので▲3四銀 は△同玉(下図)と取るしかありません。

上図以下、▲3一竜(下図)

これで▲3一竜 と王手で質駒の金を取れました。

以下、△4四玉 なら▲4五金 までの詰み・・・

△2五玉 なら▲3五金 までの詰み・・・

△2四玉 や△2三玉 なら▲3四金 からの詰みなので・・・

上図以下、△3三金 ▲3五金(下図)

3三に合駒するしかありません。

その場合は▲3五金 と送りの手筋を使えば手が続きます。

△2三玉 と逃げると▲2二金 △1三玉 ▲3三竜 までの詰みなので取るしかありません。

上図以下、△3五同玉 ▲3三竜(下図)

そこで▲3三竜 と迫ればあと少しです。

3四に合駒すると▲3六金 までの詰みなので・・・

上図以下、△4六玉 ▲5六金 △4七玉(下図)

△4六玉 から入玉を狙いますが、▲5六金 と打てば・・・

上図以下、▲4三竜(下図)

▲4三竜 までの合駒利かずの詰みです。

最後の最後、ピッタリ捕まえる絶妙の一手ですね。


最後に

「上部へ逃がすと詰まなそう・・・」

と思っていたのに▲2三成桂(下図)とあえて逃がす手から詰んでいると示され・・・

手順を追って△4七玉(下図)の局面まで進めても・・・

トドメの▲4三竜(下図)すら見えないダメっぷりでした・・・

これじゃ負けるわけですね・・・

まさかこんなキレイな一手があったとは・・・

久しぶりに感動した手順でした。