人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋90】3パターンの詰み筋【11手詰め】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」と遊んだ時の終盤戦です。

ここから後手玉を仕留める3パターンの11手詰めを考えてみて下さい。

答えは数行下の見出しで書きます。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

ここから

・▲3一竜
・▲2一竜
・▲3二成香

の3パターンで始まる11手詰めがあるのでそれぞれ解説します。


▲3一竜 の場合

まずは▲3一竜(下図)と王手をした場合から・・・

この手に△1三玉 と逃げた場合は▲2二銀(下図)と打ちます。

△1二玉 と下へ逃げたら▲2一竜 までの詰み・・・

△2四玉 と上へ逃げたら▲2五金(下図)と捨て・・・

上図以下、△2五同玉 ▲1七桂(下図)

▲1七桂 と跳ねれば詰みます。

以下、△3五玉 や△2四玉 なら▲2五金 まで・・・

△1六玉 なら▲2六金 までの9手詰めなので早詰みです。


なので初手の▲3一竜 には△1二玉(下図)と逃げるのが最善になります。

上図以下、▲2二金 △1三玉 ▲2三金(下図)

この場合は▲2二金 ~ ▲2三金 と捨てて玉を2三へ誘い・・・

上図以下、△2三同玉 ▲3二竜 △2四玉 ▲2三金(下図)

▲3二竜 ~ ▲2三金 で玉を上部へ追い出せば・・・

上図以下、△3五玉 ▲3六銀(下図)

どこへ逃げても▲3六銀 までの詰みです。


▲2一竜 と桂を取った場合

初手は▲2一竜(下図)と桂を取っても詰みます。

△3三玉 なら▲3二竜 から・・・

△1三玉 なら▲2二銀 から、最初の9手詰めと似た手順で詰むので竜を取るしかありません。

上図以下、△2一同玉 ▲3二成香(下図)

そこで▲3二成香 と捨てるのが好手です。

△1二玉 と逃げたら▲2二金 △1三玉 ▲2五桂(下図)と迫り・・・

上図以下、△2四玉 ▲3三銀 △2五玉 ▲2六金(下図)

上部へ追い出して▲2六金 と打てば詰みます。


なので▲3二成香 は△同玉(下図)と取るんですが・・・

上図以下、▲3三金 △同玉 ▲2五桂(下図)

▲3三金 と捨てて▲2五桂 と打てば詰み形です。

以下、△2四玉 なら▲3三銀 △2五玉 ▲2六金 までの詰み・・・

△2二玉 なら▲3三銀 △1二玉 ▲2二金 までの詰み・・・

△3二玉 なら▲3三銀 から・・・

△4二玉 なら▲4三銀(下図)から・・・

どこへ逃げても頭金までの詰みです。


▲3二成香 と捨てた場合

いきなり▲3二成香(下図)と捨てても詰みます。

△1二玉 なら▲2一竜 △1三玉 ▲2二竜(下図)と上部へ追い出し・・・

上図以下、△2四玉 ▲3三銀(下図)

▲3三銀 と打てばどこへ逃げても▲2六金 や▲3六金 までの詰みです。


初手の▲3二成香 に△1三玉(下図)と逃げたら・・・

上図以下、▲2二銀 △2四玉 ▲2五金(下図)

▲2二銀 から上部へ追い出して▲2五金 と捨て・・・

上図以下、△2五同玉 ▲2六歩(下図)

▲1七桂 か▲2六歩 から金打ちを狙えば詰みます。

以下、△2六同玉 なら▲3六金 までの詰み・・・

△3五玉 や△2四玉 なら▲2五金 までの詰みです。


なので初手の▲3二成香 は△同玉(下図)と取りますが・・・

上図以下、▲5二竜(下図)

一間竜で迫れば詰みます。

△4二香 のように合駒したら▲同竜 と切って△同玉 ▲4三金 と頭金を狙えば詰むので・・・

上図以下、△3三玉 ▲2二銀(下図)

玉を逃げるのが最善です。

これには▲2二銀 で上部へ追い出せば・・・

上図以下、△2四玉 ▲2五金 △同玉 ▲1七桂(下図)

ここまでに何度も見た手順で詰みですね。

以下、どこへ逃げても▲2五金 までの詰みです。


解答は以上です。

色々な形で上部へ追い出し、似たような手順で仕留める11手詰めでした。

自陣の桂を使って詰ます▲1七桂(下図)の形は覚えておくとけっこう使えますよ。

上部へ逃げた玉を捕まえる時にお試しください。