人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

コロナが落ち着いても「人との距離感」はこのまま保ちたいニートの話

3回目のワクチン接種がまあまあ浸透し・・・


変異を繰り返して毒性が弱まり、コロナで死亡するリスクが初期よりはちょっとゆるくなってきて・・・


「もうマスクをしなくてもいいんじゃないか」


みたいな意見もチラホラでてきた昨今・・・


「感染したらヤバイ!」


みたいな2年前ほどの緊張感もなく、それなりに薄れてきた感のあるコロナですが・・・


「元の生活に戻ったらそれはそれで嫌」


っていう感覚がなんとなくあります。


というのも、


「コロナで浸透した『人との距離感をある程度とる環境』が心地いい」


っていう人間関係にけっこうな難を抱えているニートにとって消えて欲しくないメリットがあるからです。


なんかさぁ・・・


人とあまり会わなくてよかったり、ほどよく距離を保てる感じが生きやすいんだよね・・・


物理的にも精神的にも・・・


人と関わるのが苦手な人なら分かりません? この感覚・・・


そろそろ「with コロナ」とかいう路線でウイルスとも共存していく流れになると思うんだけど・・・


「適度に距離を空ける文化は残そうや・・・」


っていう願いがあります。


なんていうか、この2年くらいで「本当に大切な人」とか「実はムダだったこと」が見えてきたと思うんですよ。


せっかくそれに気づいたのに、改めてまためんどくさい関係に戻したり必要ないことをやらなくてもいいじゃないですか。


だからさぁ・・・


このコロナ禍でメリットがあった部分だけは残していけないもんかと・・・


そんなささやかな願いを持っていたりします。


まぁそんなに大したことじゃなくて、


・レジとかで並ぶ時は1メートルくらい距離を空ける

・この2年、別に会わなくても問題のなかった人との関係はムリに続けなくてもいい

・やらなくても大丈夫だったムダなイベントの廃止


みたいなものがそのまま残ればいいなって思うんです。


人との距離を取る習慣が残れば感染性の病気もそこまで広がりませんし・・・

義理だか何だか知らないけど、断れずに嫌々会っていた親戚と会うストレスも減りますし・・・

飲み会とかも「好きなもん同士でやりゃいいじゃん」っていうシンプルさは楽でいいですし・・・


この2年で見えた大切な部分を消さない流れが自然な形で残るといいなと・・・


これらをニート的に簡単に言うと


特に仲がいいわけでもないのにお盆やお正月に親戚で集まるのはやめようや


ってことなんだけどね。


ここ数年、親戚の集まりがなくなったお盆とお正月は本当に過ごしやすかったから・・・


こんなもん仲が良くて普段から好きで会ってる人たちだけでやりゃいいじゃねぇか。


墓参りしたら外で飯食って勝手に帰れ!

ゆっくりしたい正月に息苦しい連中が家に来るんじゃねぇ!


この2年、集まらなくても不都合なくやれただろ?

会わなくても問題なかったんだから金輪際やめようや・・・

最近はちょっとコロナに対して緩みが出てきた感があるせいか、


「今年のお盆に集まったりしねぇだろうな・・・?」


っていう不安がジワジワと湧き上がってきて落ち着かねぇ・・・


あ~ホントやだ・・・


コロナの縛りを全面解禁されたら「地獄のお盆と正月」が復活しちまうよ・・・


年内にコロナに関する縛りを全面解禁するならせめて9月以降にしてくれ・・・


7月くらいにされたらドストライクでお盆に親戚が襲来するかもしれないから困るわ・・・


仮に解禁されてもコロナで生まれた適度な距離感だけは保ってくれや・・・


というか、一生解禁せずに今の距離感を保った生活の方がいい・・・


もうマスクをするのも距離を取るのもそこまで苦じゃないから・・・


人との接点を減らせるメリットの方が大きいわ・・・


人間なんてこれくらい距離を取って接するのが丁度いいんだよ・・・


コロナで分かった「どうでもいい人」なんて切り捨てて、改めて気付いた「本当に大切な人」との関係を大事にしようや・・・