人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【石田流日記】▲7七桂型「早石田」の狙い筋【銀が浮いたらチャンス】

今回は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に

▲7七桂型「早石田」

で挑んだ一局から

・浮いた銀を狙う好手
・AIが示した華麗なさばき

の2つを紹介します。

石田流ならではの狙い筋の復習にどうぞ。


浮いた銀を狙う好手

上図は、最近下火の▲7七桂型 早石田で8八にいた銀を▲7九銀 ~ ▲6八銀 と繰り替えた所です。

まだ駒組みが続く所ですが、後手から不用意な一着が出てチャンスを迎えました。

上図以下、△6三銀(下図)

この銀上がりは自然な一手のようで自陣にスキを作る悪手です。

6三の銀が浮いている場合、定番の狙い筋があります。

上図以下、▲8五桂(下図)

この桂跳ねがその一手です。

タダなので△8五同飛 と取りたいんですが・・・

それには▲9六角(下図)の飛車・銀の間接的な両取りが決まるので取れません。

一応、ウッカリ取ってしまった場合の反撃として・・・

上図以下、△8四桂(下図)

大駒の両取りを返す一手はありますが・・・

上図以下、▲8五角 △7六桂 ▲6三角成(下図)

角を成り込めば先手有利な展開になります。

上図以下、△6八桂成 ▲同金 △8八飛 ▲7八銀(下図)

金取りに飛車を打ち込まれても▲7八銀 としっかり受けておけば大丈夫です。

以下、▲8二飛 と打ち込んだり・・・

▲6四馬 ~ ▲5五馬 から飛車を取りにいく感じで指せば勝てます。


▲8五桂 を取らなかった場合

上図の桂を取れない後手は自陣に手を入れるくらいですが・・・

上図以下、△3三銀 ▲8六飛(下図)

その場合は▲8六飛 と8筋に回ります。

▲8五桂 の狙いは、この飛車回りから▲7三桂成(下図)や▲9三桂成 と成り捨てて飛車交換をすることですから。

ただ、相手の陣形によってはすぐの飛車交換が有利になるとも限らないので、もし▲8六飛 に△5二銀(下図)と自陣を引き締めた場合は・・・

慌てずに▲9六歩(下図)などで自陣を整え・・・

機を見て▲7三桂成 を狙えばOKです。


簡単なまとめ:銀が浮いたら▲8五桂

▲7七桂型早石田では、6三の銀が浮いたら▲8五桂(下図)の跳ね出しが定番の狙い筋になります。

後で棋譜を振り返ると

「あ、銀が浮いてたじゃん・・・」

って気付くこともあるので、序盤のポイントとして意識しておく良いですね。

もし桂跳ねが決まったら▲8六飛(下図)と回り・・・

飛車交換の権利を有効なタイミングで使えば優勢になれます。

ちょっとした注意点としては、相手が歩を入手すると▲7三桂成 に△8五歩 と飛車交換を拒否する手が生じる所でしょうか・・・

そうなると「あれ?」ってなるので、一歩交換が入る前に自陣を整えて仕掛けてください。


AIが示した華麗なさばき

「定番の狙い筋」と書いておきながら、実戦は▲8五桂 を逃して▲6六歩(下図)と指したので駒組みが続きました。

その後、銀を繰り出して6筋で歩を交換したら△8九角(下図)と打たれ・・・

上図以下、▲6八金 △4五角成 ▲7四歩 △5五馬(下図)

馬が手厚く邪魔をしてくる形になって劣勢を意識し、邪魔な馬を消そうと・・・

上図以下、▲4六角 △7五歩(下図)

▲4六角 と打ったら△7五歩 を食らって

「あ、やっちまった」

と思ったんですが・・・

ここが「さばくタイミング」だったようで、AIで検討したら見事な手順を示してくれました。

どう指せばいいかちょっと考えてみてください。

数行下に答えを書きます。










では答えです。

上図以下、▲7五同飛(下図)

素直に歩を取り・・・

上図以下、△6六馬 ▲7六飛(下図)

馬と飛車の交換を受け入れるのが好手順でした。

上図以下、△7六同馬 ▲同銀 △6四歩(下図)

角成りを防ぐ△6四歩 には・・・

上図以下、▲7五銀 △8三飛 ▲6一角(下図)

銀と角で飛車を責め・・・

上図以下、△8二飛 ▲6五桂(下図)

6四の角筋に飛車を誘ってから▲6五桂 と跳ねれば完了です。

あっという間に左辺の駒が働き、やりたい放題になっています。

こういう手順が自然と浮かんだら振り飛車を指すのが楽しくてたまらないでしょうね。

ダメだと思った所からこんな反撃があったとは・・・

お手本のような

攻めを逆用するさばき

に感動しました。


最後に

実戦で逃した反省を込めて「▲7七桂型早石田」の狙い筋になる

「6三の銀」が浮いたら▲8五桂(下図)

を紹介してみました。

何気なく△6三銀(下図)と上がって銀を浮かせてしまう手は、たまに見るウッカリだったりするので・・・

もし実戦で遭遇したらポンと桂を跳ねちゃいましょう。

スキを突く一手としてお試しください。