ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです。

【ニートの出費】2回目の歯医者、左下奥歯にできた「歯と歯の間の虫歯」を治療する【2000円】

先週に引き続き2回目の歯医者に行ってきました。


結論から言うと、気になっていたフィステルには触れず、もう1ヵ所あった虫歯の治療をしただけです。


前回は「レントゲンを撮って確認しましょう」と言われて終わったものの、一切触れずに終わったのはどう捉えればいいのやら・・・


先生1人で回してる歯医者だから忙しくて忘れてるのか・・・

特に問題がないから触れないのか・・・


よくわからん・・・


大丈夫なのにしつこく訴えるとそれはそれで迷惑かもしれないしなぁ・・・


ホント歯のことはよくわからん・・・


フィステルの経過

歯茎から白い膿が出るフィステルの経過なんですが、ここ3~4日くらいは見かけることもなくちょっと落ち着いた感じがあります。


前回、先生が「大丈夫だと思いますよ」と言っていた通り、経過観察で大丈夫な軽めの物なのかもしれません。


フィステルと言っても全部が全部、歯の根っこからの膿ってわけじゃないんでしょうか・・・


レントゲンを撮って歯の根っこを見てもらえればハッキリするんだけど・・・


次回の歯石取りの最後にちょっとだけ聞いてみようかな・・・


左下奥歯の「歯と歯の間にできた虫歯」の治療

今回のメインだった「左下奥歯の歯と歯の間にできた虫歯の治療」について書いておきます。


歯の表面にできた虫歯ならそこを削って詰めるだけだけど


「間にできた場合ってどうやって削るんだろ?」

「ドリルとか入らなくない?」


って思ってたんですが、実際に治療を受けてみた結果・・・


間の虫歯が見えるまで上からガッツリ削る


というシンプルな方法で解決してました。


キュイーンと定番の高い音のするドリルで歯の端の方を削り・・・


歯の間にできた虫歯が見えたらそこをキュンキュン削る感じですね。


1回、歯の欠片みたいなのを取り除く動きがあったので、歯を斜めに切断するように削ったのかもしれません。


この辺は口の感覚だけなのでよくわからないんですけどね・・・


最初の内は神経から遠いせいか特に嫌な感覚はなかったんですが、徐々に神経近くに達すると


キーン


とした嫌な衝撃が歯から首筋まで貫くような感覚がありました。


これ以上はあかん!

歯が悲鳴をあげてる!


とは思いつつも、虫歯になった所はしっかり削らないと再発するので止まりません。


約1分くらいかな?


不快に響く刺激に耐えながら終わりを待ちました・・・


削り終わったら1回うがいをして・・・


その後、クスリ?を塗ってからプラスチック?を詰め・・・


噛み合わせを調整したら終了です・・・


麻酔なしでガッツリ削られたからか精神的な消耗が大きかったですね・・・


治療後に先生が話していた内容も耳に入ってるようで入ってない感じ・・・


かろうじて記憶に残ってるのは


「もし表面に虫歯が広がった時は銀などの詰め物をするんですが、今回はレジンで大丈夫だったので・・・」


みたいな言葉と・・・


「次回は歯石を取りますね」


という歯科衛生士さんの言葉のみ・・・


フィステルについて聞く余裕もなく、そのまま治療は終了しました。


お会計は2000円

ガッツリ削った虫歯の治療費は


2000円


でした。


まぁ許容範囲かな・・・


あとは歯石取りと、フィステル周辺のレントゲンだけ・・・


場合によっては抜歯の可能性がまだあるからモヤモヤする・・・


次回、ちょっとフィステルのことを聞いてみて


「もう膿が出てないなら大丈夫ですよ」


みたいな言葉を言ってもらえれば経過観察をしていく感じで安心できるかな・・・


とりあえず来週になったらまた悩めばいっか。


※3回目の歯医者の話は下記リンクからどうぞ。

【ニートの出費】3回目の歯医者、天気と体調が悪い中、歯石取りをしてきた【2000円】 - ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】