ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです

【きのあ将棋】テスト版「真澤千星」と遊んでみました【袖飛車 vs 三間飛車】

きのあ将棋のテスト版のAI

真澤千星

と遊んでみました。

何局か指してみたら

・「袖飛車」を指す
・終盤の強さは郷谷さん(上級)より上くらい?

という特徴を持つAIだと分かりました。

負けた時の棋譜を残してなかったので、強引な攻めでやっと勝った一局を紹介します。


袖飛車に三間飛車で挑む

先手が「私」、後手が「真澤千星」です。

初手から、▲7六歩 △7四歩 ▲7八飛 △7二飛(下図)

△7四歩 ~ △7二飛 の袖飛車で始まるマニアックな手で始まりました。

最近練習してる三間飛車でも初めての形で新鮮ですね。

上図以下、▲6八銀 △6二銀 ▲6六歩 △6四歩(下図)

負けた一局では▲6六歩 の所で▲7七銀 ~ ▲6六銀 とゴキゲン中飛車の銀対抗みたいな形を試しましたが上手くいかず、どういう形が有効なのか模索してる段階です。

上図以下、▲6七銀 △6三銀 ▲4八玉 △3四歩(下図)

無理に動かず玉を囲います。

上図以下、▲3八銀 △4二玉 ▲3九玉 △3二銀 ▲2八玉 △3一玉(下図)

お互いに美濃に入り、ここからどうやって仕掛けるかで腕が出ますね。

ここで20年以上居飛車党の人間っぽい厚い攻めを狙いました。


金の厚みで押していく

ここで強引な攻めの形を作ります。

上図以下、▲6八金 △5二金右 ▲7七金(下図)

軽い攻めだと通用しなかったので「金の厚みで押していこう」という発想ですね。

上図以下、△4二金寄 ▲8六金 △5四銀(下図)

Aperyの検討では▲8六金 の評価は微妙だったんですが、△5四銀 が悪かったらしく、ここでやや先手持ちになっています。

上図以下、▲7五歩 △同歩 ▲同金(下図)

この時、後手の銀の利きが7筋にないので金の厚みへ対抗するのが難しいみたいです。

上図以下、△6五歩 ▲7四歩 △6六歩 ▲同銀(下図)

△6五歩 が捌きを狙った手ですが、こちらは抑え込みを狙っているので▲7四歩 ~ ▲6六同銀 と角交換をしない方針で指しました。

軽快な振り飛車に憧れている人間の手とは思えない進行ですね。

上図以下、△6二飛 ▲6四歩 △1四歩 ▲5六歩(下図)

△6二飛 が疑問で、ここは△6五歩 ▲7七銀 とすれば後手も悪くない形勢だったようです。

▲5六歩 が指せたので厚みが増して先手ペースになっています。

上図以下、△1五歩 ▲5五歩 △4五銀 ▲6五金(下図)

後手の角と飛車を押さえ込めて好調です。

しかし、ここからいつもの筋悪な中終盤になりました。


微妙に怯えてた

先手の抑え込みが成功している上図ですが、具体的な勝ち筋が見えず焦っています。

上図以下、△7七歩 ▲同飛 △7二歩 ▲5七銀 △1三角(下図)

4五の銀を取っちゃおうと▲5七銀 と引きましたが、△1三角 と出られて微妙に困りました。

ここまで数局負けている影響で怯えていたのもあり、普通の手が指しにくくなっていたみたいです。

上図以下、▲4六歩 △同銀 ▲同銀 △同角 ▲6三銀(下図)

「銀交換して▲6三銀 って打てば優勢だよな?」

と思いつつも

「何かあるんじゃないか・・・」

という不安から▲4六歩 を指すまでに数分かかりました。

気持ちの面では劣勢ですが、ちゃんと踏み込めたので形勢は先手優勢です。

上図以下、△6一飛 ▲7二銀成 △6八角成 ▲6一成銀(下図)

△6八角成 の所でも、頭では

「▲6一成銀 で優勢」

と分かっていたのに、数分ほど7七の飛車を逃げるか迷っていました。

この時は自分の形勢判断が信じられなくなっていたみたいです。

上図以下、△2二玉 ▲5四歩(下図)

▲5四歩 が入れば優勢がハッキリして少し安心してきました。

上図以下、△4四歩 ▲5三歩成 △同金 ▲5四歩(下図)

▲5四歩 は筋悪な一手で、ここは▲4二歩(下図)と急所の金を叩くのが筋だったようです。

・△4二同金 と取れば▲8二飛

・△3一金 と逃げれば▲5一飛

いずれも金取りの先手になる飛車打ちが決まって明快でした。

ここから筋悪な終盤に突入します。


ヌルイ寄せでチグハグ

上図以下、△4三金 ▲6三歩成(下図)

「と金」攻めが狙えて好調のようですが、ここでも▲5三歩成 から▲4二歩 を推奨されました。

それくらい▲4二歩 が明快な一手なんでしょうね。

上図以下、△5二歩 ▲6二成銀 △4二金引 ▲7二飛(下図)

▲7二飛 も警戒しすぎな一手で、桂取りの含みを残して▲8二飛 が正着でした。

一応、角筋を避けた意味があるんですが、この局面では大丈夫だったみたいです。

上図以下、△5八銀 ▲3九金 △6七銀不成 ▲5二と(下図)

やっと後手の左美濃に攻め込めそうです。

上図以下、△6六歩 ▲4二と △同金 ▲6三成銀(下図)

形勢が開いているので▲6三成銀 でも大丈夫でしたが、ちょっとヌルイ一手でした。

上図以下、△4一金 ▲5三歩成 △7六歩 ▲6七飛(下図)

取られる飛車で銀を取って持ち駒を増やし、改めて寄せにいきます。

上図以下、△6七同馬 ▲5二成銀 △7八飛 ▲4一成銀 △8八飛成(下図)

意外と後手玉が広くてちょっと不安がありましたが・・・

上図以下、▲4三と △1三玉 ▲2五金(下図)

キッチリ上から押さえて寄りです。

上図以下、△5六馬 ▲1四金打(下図)

ここで「真澤千星」の投了となり、どうにか勝てました。

今回の攻め方はイマイチだったので、三間飛車での袖飛車対策がしばらくの課題になりそうですね。


最後に

意外な強敵だった

テスト版「真澤千星」

との一局を紹介してみました。

序盤は「袖飛車」固定なので対策を立てやすいですが、中終盤は油断ならない手を指してくるので正式にリリースされたらけっこうな強敵になりそうです。

郷谷さんに変わる新たな攻略相手として期待しようと思います。