ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです

【実戦詰将棋41】上部へ逃げられた時の詰み【7手詰め】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に後手番で挑んだ時の終盤戦です。

▲8六玉 と上部へ逃げた先手玉ですが、ここから7手で詰みます。

実戦でよく見る手順でスパっと詰ましちゃってください。

答えは数行下の見出しで書きます。









実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、△8五香(下図)

シンプルに上部へ誘う香打ちから詰みます。

上図以下、▲8五同玉 △8四金 ▲8六玉 △7五角(下図)

△8四金 で7四への逃げを許さずに押し返し、△7五角 と歩頭に捨てれば・・・

上図以下、▲7五同歩 △同金(下図)

金が活躍する形で詰みです。


おまけの話 合駒請求をして詰むパターンもある

問題図を再掲します。

実戦はここから△8五香 ではなく△8四香(下図)と打った所で郷谷さんの投了となりました。

今回は持ち駒が足りたので△8五香 でも詰みましたが、もし1枚足りない感じなら△8四香 で合駒請求をするのは有効です。

相手が金駒しか持ってない時などは

香と引き換えに「金」か「銀」を手に入れて詰む

なんてこともありますし、△8四香 と離して打つ方がちょっと実戦的かもしれません。

「正しい合駒を打てば詰まない」

と読み切っていても相手が間違うことがあるので、最後のお願いとして打つ価値はあると思います。

類似形で1枚足りない時は離して打つ△8四香 をお試しください。