人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋75】頭金を含みに角と銀で迫る【5手詰め】

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」に後手番で挑み、バグで止まった局面から切り取った実戦詰将棋です。

ここ最近、「wait:3」って表示されて対局が中断されてしまう事態にけっこう遭遇してるんですよね・・・

勝ってる時に止まると引き分けになるのが痛い・・・

まぁ負けてる時に助けられたパターンもあるからトントンですが・・・

ツイートついでにスクショしたバグの瞬間がこちら。

今回の問題は、この「と金」を取った形からの出題です。

ここから角を拠点に銀を上手く使って詰ます5手詰めがあるので、基本手筋の確認に解いてみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。










実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、▲4一銀(下図)

ここに銀を打つのが寄せでよく見る上手い一手です。

△4一同玉 は▲4二金 の詰みがあり・・・

△3三玉 は▲3二金 の詰みがあるので・・・

上図以下、△2二玉(下図)

△2一玉 か△2二玉 と逃げるしかありません。

どちらに逃げても次の一手が強烈な決め手になります。

上図以下、▲3一角成(下図)

最初に打った銀を拠点にして角を捨てるのが手を繋ぐ好手です。

△1一玉 なら▲2二金 の詰み・・・

△3三玉 なら▲3二馬 や▲3二金 などの詰みなので・・・

上図以下、△3一同玉 ▲3二金(下図)

素直に取るしかありませんが、▲3二金 と打てばキレイな頭金で仕留めることができます。


初手の▲4一銀(下図)や・・・

3手目の▲3一角成(下図)のような・・・

「取ると詰む捨て駒」で迫るパターンを覚えると寄せがグッと上手くなりますよ。

角・銀・金が寄せの中心になりそうな時は意識して狙ってみてください。