人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【寄せ問題25】手筋感バリバリな緩みない寄せ【5手必至】

上図は「きのあ将棋」の「あらきっぺさん」に後手番で挑んだ時の終盤戦です。

穴熊に手を付けられないままボロカスに攻め込まれ

「もう何をやっても先手の勝ち」

という所まで追い詰められました。

実戦は▲6三歩 △同銀 ▲5三金(下図)と寄せられて私の投了となりましたが・・・

AIで検討したら

歩しか持ってない欠点を突くキレイな「5手必至」

があったので出題することにしました。

いつもの長々とした寄せと違って優しめの問題なのでお気軽にどうぞ。

大胆な初手から始まる手筋っぽい寄せ方を考えてみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。











寄せ問題の答え

では答えです。

上図以下、▲9二金(下図)

「クリックミス? 舐めプ?」

と思ってしまいそうな「金捨て」が手番を渡さない好手でした。

次に▲8二金(銀)の詰みがあるので取るしかありません。

上図以下、△9二同香 ▲9一銀(下図)

香を吊り上げた空間に銀を打つのが継続手です。

▲8二金 を狙う詰めろなので金を埋めて受けるしかありません。

上図以下、△8二金 ▲5三金(下図)

キッチリ8二への退路を封鎖し、悠々と▲5三金 を打てば・・・

次の▲6二金(竜)の詰みを受ける術がなく必至です。

超絶大差なので

「ここまでしなくても・・・」

という感じがしなくもないですが、詰めろで迫るお手本のような寄せでしたね。


最後に

手付かずの穴熊という完敗っぷりに加え、

「もしこの寄せを食らってたら絶望度合いが酷かったろうな・・・」

と思った5手必至でした。

▲9二金 ~ ▲9一銀(下図)の退路封鎖は・・・

たまに使える手筋なので覚えておくと役立つかもしれません。

金駒を渡しても問題ない時にお試しください。