人生詰んだニートのブログ

人生詰んだニートが「日々の愚痴」や「趣味の将棋」について書いているブログです。

【実戦詰将棋26】上部への退路をふさぐ【9手詰め】

スポンサーリンク

上図は「きのあ将棋」の「郷谷さん(上級-)」との一局から切り取った実戦詰将棋です。

実戦では逃したんですが、ここから9手で詰んでいました。

△3四玉 と上へ逃げられないように詰ます手順を考えてみてください。

答えは数行下の見出しで書きます。









実戦詰将棋の答え

では答えです。

上図以下、▲2五角(下図)

離して角を打ち、シンプルに3四への退路を塞げば詰みます。

△4二玉(下図)のように逃げると2枚の角が強烈に働くため・・・

上図以下、▲3三銀 △5一玉 ▲4二金(下図)

▲3三銀 から角筋を通した形で迫れば詰みです。

なので▲2五角 には△3四歩(下図)と合駒をしますが・・・

これで上部への退路がなくなったので・・・

上図以下、▲5三金 △3二玉 ▲3三銀(下図)

▲5三金 から玉を右へ追いやれば・・・

上図以下、△3一玉 ▲3二歩 △2一玉 ▲2二銀成(下図)

「4四の角」と「3三の銀」を活用した頭金(成銀)を狙う手順で詰みます。


解答は以上です。

▲2五角 のような退路封鎖は実戦では有効ですね。

上部が広く見えたから詰まないと思ったのに・・・

検討で▲2五角 を示された時は あまりのシンプルさに愕然としましたよ・・・

こういう手がパッと見えるようになりたいもんです・・・

「上部にさえ逃げられなければ簡単なのに・・・」

という時は大駒を離して打つ手も試してみてください。