ダメ人間ブログ【ニートの愚痴と将棋の記録】

「30代職歴なしニートの闇」と「現実逃避としてやってる将棋」について書いているブログです。

【ニート将棋】きのあ将棋の郷谷さん(上級-)を66手で倒した遊びの一局【ノーマル三間飛車】

今回は、遊びの一局から

「きのあ将棋」の郷谷さん(上級-)

に「後手番 ノーマル三間飛車」で挑み、66手で倒した将棋を紹介します。

見所は下図の局面でしょうか・・・

囲いとの相性が悪く、定番の仕掛けが無理筋だった所をトガめたのが勝因ですね。

ちょっとしたパターンも紹介するので、郷谷さんと遊ぶ時の一例としてお楽しみください。


△6二玉 だとランダム性が高まる

先手が「郷谷さん(上級-)、後手が「私」です。

上図は、郷谷さんの居飛車に対し、後手の私がノーマル三間飛車を採用した局面です。

以前の攻略記事

「ここで△4三銀 と上がると高確率で▲7七角 と指してくるから持久戦になる」

「そのクセを利用してトマホークにいけば楽勝パターンに持ち込みやすい」

というのを紹介しました。

形を決めて勝ちにいくなら有効ですが、遊びの将棋ならもう少しランダム性が欲しいですよね。

そういった場合、次の一手がオススメになります。

上図以下、△6二玉(下図)

玉を囲いにいく△6二玉 と指すと▲9六歩 と指すことが多く、▲7七角 のように形を決めない傾向があります。

そうなるとランダム性が高まるのか

・急戦
左美濃
・矢倉引き角
・玉頭位取り

など様々な戦法を指してくるので駆け引きのある序盤が楽しめます。

先の分からない将棋を指したければ△6二玉 にするといいですね。


急戦も持久戦もある▲6八銀

上図は△6八玉 から数手駒組みが進んだ所です。

▲6八銀 と指し、急戦を匂わせてきましたが・・・

上図以下、△7一玉 ▲7七銀(下図)

今回は▲7七銀 と上がり、玉頭位取り模様の将棋になりました。

ここは▲5七銀左 の急戦もあり、郷谷さんの気分で色々な展開になりますね。


郷谷さんの無理攻めをトガめる

上図はさらに数手進み、先手の矢倉引き角に進んだ所です。

横からの攻めに弱い矢倉になったので飛車交換を狙いたいですね。

上図以下、△7三桂 ▲3七銀(下図)

△7三桂 とちょっと攻勢を取る形に組んだら、郷谷さんも▲3七銀 と攻めっ気を見せてきました。

この形になると郷谷さんはやや無理筋な攻めをしてくる傾向があります。

上図以下、△8四歩 ▲2四歩(下図)

▲2四歩 は引き角を利用した攻め筋ですが・・・

上図以下、△2四同歩 ▲同角 △2二飛(下図)

△2二飛 と回る定番の手順で受ければ振り飛車も悪くありません。

と言うより、矢倉に組んだ形では捌き合いは望む所なので振り飛車としては楽しい展開です。

上図以下、▲3三角成 △2八飛成 ▲同銀 △3三桂(下図)

先手の囲いが美濃囲いのような飛車打ちに強い形なら▲3七銀 と飛車に紐を付けた手が活き、▲3三角成 からの大捌きが有効ですが・・・

上図以下、▲2三飛 △4九飛(下図)

矢倉と美濃囲いでは玉の遠さが段違いなので後手の飛車打ちの方が厳しく後手ペースになっています。

ちなみに、▲3三角成 が無理なら▲2五歩(下図)と指すしかないんですが・・・

上図以下、△8五桂 ▲6八銀 △2四飛(下図)

△8五桂 が銀当たりになる矢倉の欠点を突いてから△2四飛 と角を取り・・・

上図以下、▲2四同歩 △4五歩 ▲5七銀 △3九角(下図)

△4五歩 ~ △3九角 と角2枚の攻めで次の△6六角 を狙えば後手優勢です。

▲4八飛 と受けても△6五歩 が厳しく後手が攻める展開になりますね。


横からの攻めに弱い矢倉を攻略する

局面を戻します。

上図は△4九飛 と後手が飛車を打った所です。

ここから先手の対応が甘く、あっという間に寄り筋に入ります。

上図以下、▲3七桂 △8五桂(下図)

一見 調子のいい△8五桂 ですが、▲6八銀 と引かれると難しい展開になっていました。

ここは△8五桂 は跳ねずに△6九角 と単に打つ方がよかったようです。

本譜は対応を誤ってくれたので理想的な形で寄り筋に入ります。

上図以下、▲8六銀 △6九角(下図)

▲8六銀 と上に逃げたのが悪く、△6九角 が強烈に刺さりました。

上図以下、▲6八金右 △7八角成 ▲同金 △4八飛成(下図)

金を剥がしてからシンプルに竜の横利きで玉を睨めば金駒がない先手は受けにくいです。

上図以下、▲4六角 △5五歩 ▲同角 △5三金(下図)

▲4六角 には△6七金 と単純な詰めろを掛けておけば後手勝勢でした。

本譜はちょっと守備力を弱めようと△5五歩 から受けに回ってモタついています。

上図以下、▲4二角 △6七金(下図)

▲4二角 と打ったので△6七金 の詰めろが受けにくくなりました。

上図以下、▲6四角 △9二玉 ▲9一角成 △同玉 ▲7九香(下図)

▲7九香 と角を犠牲に手に入れた香車を打って頑張ってきましたが・・・

上図以下、△7八金 ▲同香 △7九角(下図)

△8五桂 を跳ねた効果で上部への逃げ道がなく△7九角 で詰み、郷谷さんの投了となりました。

以下、▲7九同玉 なら△6八金 から押していけば詰み・・・

▲9八玉 なら△8八金 までの詰みですね。


最後に

遊びの一局から

・△6二玉 でランダム性が高まる所

・矢倉引き角からの無理攻め

を紹介してみました。

三間飛車をやった時に実戦的な将棋を楽しみたかったら△6二玉(下図)と囲う一手がオススメです。

色々な駒組みをするランダムな郷谷さんと駆け引きのある戦いができますから。

ガッチガチの攻略手順に飽きたならお試しください。